はまぐりが開かない場合は食べれるの?半開きや冷凍での見分け方も!

はまぐりが開かない場合は食べれるの?

加熱中にはまぐりが開かない、または半開き、ということが時々あります。

開かないはまぐりや半開きのはまぐりは食べれるものなのでしょうか?

せっかく用意したので、食べれるものなら食べたいですね。

しかし、下手に食べてお腹を下してしまったらたまったものではありません。

 

本記事はこのような、

はまぐりがちゃんと開かない場合に、食べれるのかどうかという疑問について回答しています。

また、

生のはまぐりの場合と冷凍はまぐりの場合では、少し対応が変わります。

その点も分かり易くお伝えしています。

スポンサードリンク

はまぐりが開かない場合は食べれるの?

加熱してもはまぐりの口が開かない場合は、基本的には食べない方が良いです。

はまぐりなどの二枚貝は加熱すると口が開くのが正常です。

はまぐりが新鮮で、かつ、正しい方法で調理していればほとんどのはまぐりはちゃんと開きます。

 

ただし、

砂抜きの時に開かないのは正常ですので、気にしなくても問題ありません

加熱しても開かないはまぐりは無理に食べようとせずに捨てる方が良いでしょう。

 

はまぐりが開かないのはなぜ?食べれない2つの理由

加熱中に開かないはまぐりを食べれないのはなぜでしょうか?

食べれない理由としては、主に2つあります。

  1. 調理前にはまぐりが既に死んでいて内部が傷んでいるかも
  2. はまぐりの健康状態が良くなかったかも

どちらにしても安全に食べることを前提に考えると、食べられませんね。

中でも”1”のように、調理する時にはすでにはまぐりが死んでいて、内部の腐敗が進んでいるような場合は、特に注意が必要です。

貝は死んでしまうと内部の腐敗が非常に早く進み、毒素が発生します。

そのような貝を開けるとすごい悪臭がします。

また、

下手に開いて毒素がバラまかれてしまうと一緒に調理している他のはまぐりも食べられなくなってしまいます。

 

加熱してもはまぐりが開かない理由は貝の構造にあり

はまぐりの状態が良くない場合には食べない方が良いのは理解できても、

なぜ、そのようなはまぐりは加熱しても口が開かないのでしょうか?

これは貝の構造が関係しています。

 

はまぐりなどの二枚貝の殻が開閉する構造の仕組み

はまぐりなどの二枚貝が開いたり閉じたりする機能は、

蝶番(ちょうつがい)”と”貝柱”という2つの部位が担っています。

  • 蝶番(ちょうつがい):殻を開くための靭帯。開閉の支点にあり非常に弾力がある。
  • 貝柱:殻を引き寄せて閉じるための筋肉。中央部付近にある。

”蝶番”の靭帯は殻を開くためにあります。

イメージとしては、ドアの蝶番に弾力のある小さなボールが挟まれた状態をイメージすると分かり易いかも知れません。

ボールの弾力のために、放っておくとドア(殻)は勝手に開いてしまいますね。

”貝柱”は、開いてしまうドア(殻)を内側から引っ張って閉じるための筋肉です。

 

”加熱してもハマグリが開かない”ということは…

はまぐりを加熱すると、この貝柱の筋肉(タンパク質)が熱によって機能を失います。

そのため、蝶番の機能だけが残ることになり、貝は開きます。

一方で、生きているはまぐり(健康なはまぐり)は”貝柱”の力を使って、外敵から身を守るために常に殻を閉じています。

加熱しても殻が開かない、ということは、すでに何らかの理由によって”貝柱”だけでなく、

”蝶番(ちょうつがい)”の力も失われてしまっている

ことを意味します。

 

つまり、

貝が既に死んでしまってから時間がたち、内部が既に傷んでいる、とか、

生きていたとしても健康状態が良くなかった可能性がある、ということです。

また、単に”蝶番”の力が弱かった、という可能性も考えられますが、区別がつきません。

したがって、

加熱しても開かないはまぐりは食べない方が良いです。

スポンサードリンク

はまぐりが半開きの場合は食べれるの?

ここまでは、加熱しても開かないはまぐりについて説明してきました。

では、

半開きのはまぐりは食べれるのでしょうか

結論からお伝えすると、

半開きのはまぐりも食べない方が良いです。

 

調理前に半開きの場合

調理前に半開きの場合は、まず、突っついてみてちゃんと殻を閉じるか確認してみましょう。

何も反応がなく半開きのままの場合、

そのはまぐりは死んでしまってから既にかなり時間がたってしまっている可能性があります。

 

生きていて健康なはまぐりは”貝柱”の力で殻を常に閉じています。

殻が”半開き”ということは、先ほどお伝えしたように”貝柱”の力がすでに失われてしまっている、ということです。

”貝柱”の力が失われているのに、”蝶番(ちょうつがい)”の役割も果たしていない状態です。

つまり、死んでしまってから時間がたち、蝶番を含めて、内部の傷み(腐敗)が進んでいる可能性があります。

 

調理前は閉じていたが、加熱中に半開きになった場合

一方、

調理前は殻を閉じていたが、加熱中に半開きになった場合はどうでしょうか?

このような場合は、調理前はちゃんと生きていたことになりますが、蝶番(ちょうつがい)の機能が弱かったのかも知れません。

蝶番の機能が弱かったのは、はまぐりの健康状態が良くなかったのかも知れませんし、

健康であったけどもともと弱かったのかも知れません。

しかし、どちらであったかは区別がつきませんので、

食べない方が無難です。

 

冷凍したはまぐりが開かない場合は食べれるの?

はまぐりが冷凍で開かない場合

ところで、

冷凍はまぐりが開かない、ということもあるかも知れません。

店頭で売っている冷凍はまぐりは砂抜きもされていて、はまぐりが生きていた時の健康状態についてもある程度安心できることが多いでしょう。

なのに加熱してもはまぐりの口が開かないのはなぜなのでしょうか?

 

実は、

冷凍はまぐりは時間をかけて解凍しようとすると、殻が開かなくなりやすいのです。

なので

冷凍はまぐりを使って調理する場合は、一気に加熱する必要があります。

一気に加熱して、

はまぐりの口がちゃんと開くようであれば食べれます

 

特に、冷凍はまぐりを使って酒蒸しやお吸い物を作る場合は、

お酒やお吸い物の汁などの温度が低い状態で冷凍はまぐりを入れて一緒に加熱するのではなく、

先にお酒やお吸い物を汁が沸騰するまでしっかり加熱し、その状態の鍋に冷凍はまぐりを投入します。

その際、冷凍はまぐりを入れると、鍋の中の水分の温度が下がりやすいので、火力を調節して強火にしましょう。

加熱時間はだいたい、30秒~1分もあれば、はまぐりの口がパカッと開いて出来上がりです。

 

【まとめ】はまぐりが開かない場合は食べれるの?半開きや冷凍の場合の見分け方も!

はまぐりが開かない場合は食べれるのかどうか、お伝えしてきました。

まとめると、

・加熱してもはまぐりの口が開かない場合は、基本的には食べない方が良い。

・食べれない理由は、主に2つ。

  • 調理前にはまぐりが既に死んでいて内部が傷んでいたかも
  • はまぐりの健康状態が良くなかったかも

・加熱してもはまぐりが開かない理由は貝の構造(蝶番と貝柱)にある。

・はまぐりが半開きの場合も食べれない方が良い。

・冷凍したはまぐりは時間をかけて解凍すると開かない場合がある。

・冷凍したはまぐりは沸騰中の鍋に一気に入れて開けば食べれる。

 

ハマグリは、貝の中でも特に美味しいと言われ、食べるとお口の中にジュワーっと磯の香りが広がり絶品な食べ物です。

美味しいはまぐりを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました