コンクリートの汚れはハイターで落とせる?油汚れや着色汚れをキレイにしたい!

Sponsored Link
Sponsored Link

キレイに保ってきたコンクリート。

食べ物の油だったり、車のオイルだったり、汚れがついてしまった…。

生臭いにおいだったり、きれいな駐車場の景観を損ねる油汚れはさっさときれいにしたいものです。

しかし、水洗いしてこすってもどうしても落ちない!

 

そんな時はどうすれば良いでしょうか?

そうだ!油汚れにはハイターがいいのでは?と思ったあなた。

この記事では、コンクリートの汚れがキッチンハイターで落ちるのかどうか、お伝えしています。

Sponsored Link
Sponsored Link

コンクリートの汚れはハイターで落とすことができる?

キッチンハイターは漂白剤ですので、その名の通り汚れを漂泊するものです。

キッチン用の汚れを落とす成分も含まれているため、多少の汚れも落ちます。

しかし、注意が必要です。

というのも、汚れが落ちるかどうかは、その汚れの種類によるからです。

 

あなたがコンクリートについた汚れを落とそうとした際、まず、水とブラシでゴシゴシ掃除してみましたね。

それでも落ちない汚れです。

そのような汚れとはどんな汚れでしょうか?

 

コンクリートの隙間に染み込んだ汚れというのは、極論すると油汚れです。

油汚れは「アルカリ性」に弱いのです。

 

キッチンハイターには「塩素系」と書いてあります。

つまり、「塩素系」のキッチンハイターを使うよりも「アルカリ性」の洗剤を使った方が良いと言えます。

 

アルカリ性の洗剤は、重曹やカビキラーが代表的ですね。

また、コンクリートというのは実はアルカリ性です。

コンクリートが劣化していない状態で強いアルカリを保っているなら、時間と共に汚れは薄くなって消えます。

キッチンハイターを使ったらコンクリートに悪影響はない?

それでもキッチンハイター(塩素系)で汚れ落としにチャレンジしようとする場合、

「アルカリ性」であるコンクリートへ何か悪さをしないか…

塩素系とアルカリ性が混ざると、コンクリートが溶けてしまったり、有毒ガスが出るんじゃないか…、

という心配も出てきますね。

 

結論から言えば、大丈夫です。

「アルカリ性」のコンクリートが弱いものは、「酸性」です。

コンクリートは酸に弱いですが、同性質のアルカリ性には強いのです。

まとめ

コンクリートの汚れはハイターで落とすこともできます。

しかし、汚れの原因が油であることを考えると、塩素系のキッチンハイターを使うよりも、アルカリ性の洗剤を使った方が良いのです。

 

また、仮にコンクリートにハイターを使用したとしてもコンクリートに悪さをすることはありません。

コンクリートはアルカリ性なので、酸性の洗剤を使わない限りは、問題ないと言えるでしょう。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました