七五三に神社にお参りに行かないという選択はアリ?神社でやることとその費用から考えた

Sponsored Link
Sponsored Link

七五三といえば、着物のお写真を撮って神社にお参りに行くイメージですよね。

ですが、なぜ神社に絶対に行く必要があるのか?と考えてみたことはありますか?

何となく行く、という人も多いのではないかと思います。

今回は七五三の神社でやることや、費用などから神社に行かないという選択肢はありなのか?についてまとめてみました。

Sponsored Link
Sponsored Link

七五三の神社参りでやることとは何?神社である必要はあるか?

七五三の神社参りで実際にはどのようなことをやるのでしょうか?

その内容から神社である必要はあるのかどうか考えてみたいと思います。

七五三の神社参りでやること

神社でやることは、2つ種類があります。

1つは、通常の参拝と同じように神前でお賽銭を入れて礼拝する方法です。

初詣と同じ感覚です。

2つめは、お祓いを受けて祝詞(のりと)を奏上してもらう方法です。

お賽銭箱の置いてあるところの中のお部屋で、お祓いをしてもらうのを見たことがありませんか?

車のお祓いをしてもらったことがある人は、イメージがつきやすいかもしれませんね。

お祓いや祝詞の奏上をしてもらう場合は、当日謝礼として初穂料が必要になります。

事前に予約が必要なので、神社に連絡してみましょう。

神社である必要は?

上の二つの七五三は神社ではないといけないのか?という問題ですが、答えはNOです。

 

実は、お寺でも七五三のお参りができます。

お寺は仏教になるので、お祓いや手を叩いてお参りをするわけではありません。

手を清め→お線香をあげ→手を合わす、という風になります。

 

ただし、考え方が神社とお寺では全く違っており、

・神社

→ 子供の成長を喜ぶ、感謝、お祓い、これからも元気でいられますようにと願う。

・お寺

→ どんなに辛くても悲しくても仏様がそばにいることに感謝する。

 

このように考え方が違います。

お寺といえば、死をイメージするかもしれませんがそんなことはありません。

親が子を思って選択した場所であれば何の問題もないということですね。

ちなみに、お寺の場合は初穂料ではなく、御布施(おふせ)という形でお金が必要になりますので忘れないようにしてください。

七五三の神社参りにはこれだけの費用がかかる。安いととるか高いととるか。

七五三で神社にお参りに行く場合、次のような費用がかかります。

・初穂料

・衣装(子供と親の分)と写真代(フォトスタジオで撮影する場合)

・食事代(お参り後の食事会)

です。

それぞれの大体の相場を紹介しますので、見てみましょう。

この機会にいろいろできてこの値段だから安くてお得!ととるか、工夫すればもっと抑えられるから高くてもったいない!ととるかどうかですね。

必要だと思うところにはお金をかけて、必要ないところは削る、という選択をすれば納得のいくと思いますよ。

初穂料

初穂料の相場は5,000~10,000円です。

神社が一律で金額を決めている場合があるので、事前予約の際に確認してみてください。

衣装(子供と親の分)と写真代(フォトスタジオで撮影する場合)

親の服は着物である必要はないので、フォーマルなワンピースやパールのアクセサリーで節約することも可能ですよ。

パパさんは持っているスーツで十分です。

フォトスタジオの場合は、衣装と写真代がプランに含まれている場合があります。

相場はセットプランで割引がきいても大体5万円以上と考えていいでしょう。

最近のフォトスタジオは写真撮影のあとに、衣装のまま神社参りに行ってもいいというところが多いです。

(関連記事:七五三のアルバム作成の相場は?

食事代(お参り後の食事会)

お食事代については、出席人数とコースの値段でだいぶ変わってきます。

大体は大人3,000円、子供1,500円くらいですね。

さて、この相場で考えて4人家族とすると大体総額は7万円以上になります。

お食事会を自宅ですればもう少し下がるかもしれません。

(関連記事:七五三のお祝いの食事は自宅でも満足!

合計すると・・・

結構な金額になりますね。

ですが、七五三は一生に2回しかありません。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳ですからね。

最近は1回だけという家庭も多いみたいです。

 

ちなみに、ネットの記事でも賛否両論で、さすがに何もしないのはナシという意見が多かったです。

神社に行かなくても、写真だけは撮ったという方が多いです。

まとめ

七五三の神社に行くかや費用について紹介してきました。

お寺で七五三のお参りができるのはビックリでしたね!

神社は混雑が予測されますので、お子さんが疲れたりすることを考えればお寺の方がスムーズかもしれません。

神社にお参りに行かなくていいかという選択は十分ありだと思います。

 

でも、何もしないというのは子どもさんにとって少し可哀そうな気がします・・・。

ある程度お子さんが大きくなった時に「私だけ七五三の思い出がない・・・。」となったら後悔してしまいそうだからです。

七五三の神社に行くか行かないか、家庭それぞれの考え方があるとは思いますが、じっくり考えてみてくださいね。

 

七五三の関連記事はこちらもどうぞ!

七五三の着物が汚れてしまったら…。どうやって洗濯するの?クリーニングできるの?

七五三のアルバム作成の相場は?撮影コース料金の違いからおすすめのスタジオを紹介!

七五三のアルバムを手作りで!ネットで安く、デザインやレイアウトもおしゃれに!

七五三のお祝いの食事は自宅でも満足!料理の由来とレシピをまとめて紹介!

喪中に七五三のお祝いはしてもいいの?神社参りや写真撮影なら大丈夫?

千歳飴の袋の作り方を解説!折り方やサイズ、おすすめダウンロード先まで!

七五三の千歳飴はどこで売ってる?神社以外の入手方法とおすすめのプレゼント

千歳飴の作り方は簡単!七五三の千歳飴は手作りで、可愛い千歳飴袋は100均で売ってる?

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました