気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 英語学習 » 英語のスピーキングを練習する方法

英語のスピーキングを練習する方法

目安時間約 8分

英語のスピーキングは日本人にとっては一番苦手分野なのではないでしょうか。

文法がしっかり身についていて、テストをすると中級以上なのに、何故か他国の外国人のように話せない。

こんなフラストレーションは誰もが抱えてしまうことでしょう。

英語において「話す」という技術は、「聞く」ことができないと不可能です。

同様に、「書く」という技術は、「読む」ということができないと不可能です。

つまり、「聞くほどには話せない、読むほどには書けない」ということです。

そして、仮に「聞く」ことができても、「きちんと文法を理解し、発音できる」という技術がないと英語を話すことはできません。

つまり、スピーキングという技術は、単に頭の中で理解していればいいわけではなく、実際に発音する口の動きの技術や、音を聞いて、瞬時に文法を組み立て、アウトプットする瞬発力が必要です。

同時に行うことが多すぎるので、話すことが一番難しいということが言えます。

スポンサードリンク

スピーキング能力を高める方法

スピーキング能力を最速で高める方法は、もちろんネイティブでも、ノンネイティブでもいいので、英語で会話することです。

書くことと違い、会話する場合は、瞬時に文法を組み立て会話しないといけないので、一人でゆっくり練習したり、文章におこす作業と違い、会話する場合は、スピードが必要です。

また、一般のネイティブともし仮に話す機会があったとしても、まともに話ができない相手に対して、丁寧に話を聞いてくれて、丁寧に答えを返答してくれる保証などはどこにもありません。

下手な英語に付き合ってくれる可能性は限りなく低いです。

どうすれば英語を話してくれる相手を見つけることができるのか

英語を話してくれる相手を見つける方法はたくさんあります。

外国人が集まるパーティーなどに参加したり、外国人が集まるバーなどに行くことです。

しかし、その方法はかなり英語ができるレベルでないと、相手がまともに会話してくれません。

従って、外国人の友人がいない場合に、実戦形式で英語を学ぶ方法としては、

・海外旅行に行く
・英会話教室に行く

という手法が考えられます。

しかし、海外旅行に行くとしたら、一回で数万円かかりますし、相手も、こちらに対して、丁寧に喋ってくれるとは限りませんし、英語圏の国に限定されてしまいますし、英語圏の国だとしても綺麗な英語で話してくれる保証はありません。

従って、一番現実的な方法としては、英会話教室に行くということが考えられます。

英会話教室でどのように学べばいいのか?

英会話教室にもさまざまなコースがあります。グループレッスンであったり、マンツーマンレッスンであったりします。

おすすめはマンツーマンレッスンです。

そもそもグループレッスンだと、複数人のレッスンなので、自分のペースで話すことができなかったり、質問などがあっても、他の生徒に気を使って質問しづらかったりします。

従って、マンツーマンレッスンがオススメですが、マンツーマンレッスンのデメリットとしては、値段が高いことです。

安いところでも、一回コマ7000円くらいはします。

最安でマンツーマンレッスンを学ぶ方法

実は、インターネットで検索すると、マンツーマンレッスンを個人的に行ってくれる登録制の先生が行っている授業がたくさんあります。

それらを使えば、一回のマンツーマンレッスンで3000円~3500円程度で教えてもらうことが可能です。
時間も1時間みっちり教えてもらうことが可能だし、レッスン予定もLINEなどを使用して、気軽にカフェなどで予約することが可能です。

初回登録料も数千円とリーズナブルなので、スピーキング学習を安く効率的に進めることが可能なので一番オススメの方法です。

英語のスピーキングで大切なこと

大切なことは、英語を頭の中で完璧に仕上げてから話そうとしないことです。

スポンサードリンク

それから、日本語の文章を頭の中で訳してから話そうともしないこと。

この二点が大切です。

完全に仕上がってから話そうとすると、いつまでたっても話せない、なかなか話せないという自己嫌悪にも陥ってしまいます。

最初は流暢に話すとはいかなくても、口を開いてみましょう。

Youtubeで英語の練習ができる

「話す」ということは、実はまずは「聞く」ことをしなければ始まりません。

「聞く」ことでインプットしたものが「話す」というアウトプットになります。

よく英語をシャワーを浴びるように聞いてペラペラになる、という広告を見かけませんか?

程度こそ差があっても、これは本当です。

ただし、前にも書いたようにただ単に浴びているだけでは意味がありません。

聴いて理解できるものをシャワーで浴びるからこそ効果があるのです。

最初は、相手がいると緊張するという人でもYouTubeなどで練習することができます。

例えば、こちらのサイトは英会話の練習のサイトです。

何度か同じ会話を繰り返し聴くことができます。

一時停止をしながら練習をしていっても構いません。

最初は全部聞いてみて、それから一時停止をしながら各文章を同じように繰り返してみましょう。

こちらのサイトは、基本的な文法で、質問と応答が順番に出てきますから、初心者にとってのスピーキングトレーニングとしては最適です。

スピーキングを練習する方法。他には?

他には、BBC Leaning Englishでは、English We speak という番組があります。

また、こちらのサイトでは、実際に現地の人達が使っている英語についての解説と、その使い方の例を繰り返し聴くことができます。

決して難しいものではありません。

学校英語では習わない単語の使い方、しかし、現地の人達が使っている自然な英語を知ることができます。

実は学校で私達が習っている英語はしっかりと通じるものの、時に不自然でフォーマルすぎる表現であったりします。

リスニングに余裕がある方は是非このサイトをご覧いただくことをお勧めします。

英語のスピーキングの上達法はとにかく話すこと!

スピーキングの練習でとにかく大切なことは、話さないと上達していかないということです。

スピーキングは苦手という初心者の方の原因の一つには、発音もあげられます。

中高一貫校で教鞭を20年間とられた先生で晩年語学学校で働いてた方がおっしゃるには、文法は間違っていても、発音さえしっかりとしていれば大抵の日常会話で必要なことは伝わると言っていたことがあります。

もし、発音を強化したいのであれば、Phonicsという英語の発音を繰り返し聴いて練習してください。

またその場合には、自分がアメリカ英語を学ぶのかイギリス英語を学ぶのかによっても多少発音が違ってきます。

ニーズによってその国のPhonicsのサイトでオンライン学習をすると良いでしょう。

又もし近くにネイティブスピーカーがいれば、一緒に練習をさせてもらってもいいですね。

スポンサードリンク

  -   - 英語学習  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!