英語のヒアリング おすすめの勉強法(1)

Sponsored Link
Sponsored Link


前回は、私の体験的な内容を書いたので、「じゃあ、海外にいない場合はヒアリング能力向上は難しいの?」という疑問が聞こえてきそうです。ほとんどの人は海外生活をする機会はあまりないと思います。では、そのような場合はどうしたらいいのか?
そこで、私が海外に居なかったとしたら、お薦めする方法をお伝えしたいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link

ヒアリング学習っていったい何をすればいいの?

まずはじめに、英語のリアリングを鍛えよう、覚えよう、学習しようと考えても、何からすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。
それもそのはず、ヒアリング学習ってすごくたくさんの方法があるからです。
ではまず、ヒアリング学習に効果的な方法を説明していきたいと思います。

何を選択すればいいのか?

ヒアリング学習と一言で言っても、たくさんあります。
例えば
・実際にネイティブと話す
・日本語が通じる英会話の先生の英語を聞く
・Youtubeなどでネイティブが話している動画を見る
・TOEICの教材のCDを聞く
・教材の英語音声(遅め)を聞く
・教材の英語音声(速め)を聞く
・英語の音声の後に、すぐ日本語での説明があるものを聞く
・字幕なしで英語音声で映画を見る
とヒアリング学習はざっと出しただけでもこれだけあります。ではこのようなたくさんの選択肢がある中からどれを選べばいいのでしょうか?

それを実践できるかどうかを考える

まずは何が自分にとって実践できるかを考えた方がいいと思います。
というのも、人によって、それが可能な環境かどうかが異なるからです。
例えば実際にネイティブの人と話そうと思ったら、多くの日本人の場合は、例えば、外国人が集まるバーに行って片っ端から外国人と話す。とか、外国人が集まる異業種交流会などに参加して、ネイティブの外国人の人と話す。もしくは、外国人が集まる飲み会やサークルなどに参加して、それに混ざっていって英語を話していく。という方法があるとします。
しかし、それらに参加するにはお金もかかるし、ネイティブの人がこちらと話してくれるかどうかもわかりません。
全く保障のない中で確実に、英語スキルがアップできる保証は全くありません。

確実に実践可能な英語勉強は自宅!

まず、英語学習をするにあたって、一番確実に勉強を実施できる環境はどこでしょうか?
私は自宅だと思います。
(海外居住者は、積極的に外で人と触れ合うことが大事、というのは前回、述べた通りです)
もちろん、家族と一緒に暮らしていて、なおかつ自分の部屋がない、パソコンなどの環境がない、といった人もいるかもしれません。
しかし、家族と一緒に暮らしていて、なおかつ自分の部屋がない、だから英語勉強ができない、などと言っているうちは、まだまだ英語を勉強する本気度が足りないのだと思います。
自分の部屋がなくても今の時代は、スマートフォンとイヤフォンなどがあれば、動画を見ることもできるし、高品質の音声も聞くことができます。
パソコンなどの環境がないと言っている人でも今の時代スマートフォンくらいは持っているでしょう。
つまり何かを理由にしている人はまずは単に本気度が十分ではないのです。

一番効果的な学習方法は英語で映画を見ること

私は、英語で映画を見ることが一番効率がいいと考えています。
では、まず一番最初に大事なことを書きます。
それは「聞いてわからないことは何回聞いてもわからない」ということです。
これが何を意味するかというと、実際に英会話などでネイティブの先生と話をしたり、どれだけ売れている英語の教材を繰り返し聞いたとしても、「英語を聞いていても意味がわからない場合は、何回聞いてもムダ」ということです。

なぜ英語で映画を見ることがいいのか?

普通にネイティブと話していても、ネイティブはいちいち「今の英語は日本語では○○という意味だよ。」ということを教えてくれません。
しかし映画は日本語訳によって意味を伝えてくれます。
また、繰り返し何度も聞くことができます。
見る時間を自分で決めることができます。
そして映画による学習の一番のメリットは意味を理解した上で英語を聞くことができ、真の意味で英語を理解することが出来るからです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました