気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 日常 » 芝生のお手入れの方法はどうしたらいいの?雑草の手入れや肥料を撒くタイミングは?

芝生のお手入れの方法はどうしたらいいの?雑草の手入れや肥料を撒くタイミングは?

目安時間約 5分

芝生のお手入れはとても大変に感じますね。

手入れをしても次々に生えてくる雑草。

ふかふかの絨毯のような芝生はどうやって作るのだろう。

そんな芝生のうえで、家族やペットと過ごしたり、天気のいい日には寝転がったり、想像は膨らむばかり。

今回は、芝生にお手入れや生えている雑草の取り除き方、肥料や水やりのタイミングについて、お伝えします。

芝生に大切なことをひとつひとつ知りながら、芝生作りを楽しみませんか。

スポンサードリンク

芝生に生えている雑草は刈るべきかどうか?その理由とは?

雑草も一生懸命生きているけれど、芝生にとっては邪魔な存在。

雑草は、青々とした芝生の見栄えも悪くなり、芝生の栄養を奪ってしまいます。

また、背丈の高い雑草は日陰を作り、芝生の成長を妨げてしまいます。

このような理由から、雑草は除草した方が良いでしょう。

 

除草するためには除草剤を使うのがてっとり早く簡単にできることかもしれません。

しかし、除草剤を使った芝生に子供やペットを触れさせることに抵抗がある方もいるかもしれません。

その際は手で刈り取ることが必要です。

手で刈り取ることで芝生を隈なくメンテナンスできることでしょう。

 

しかし、芝生という大きな面積を手作業でひとつひとつ刈り取るのは大変なものです。

そういった場合は除草剤を使うことも致し方ないこと。

適宜、除草の仕方を考える必要があります。

 

除草剤を使う時には次のことに注意してください。

まず、芝生の周りの樹やお花に除草剤がかからないように気をつけましょう。

せっかく丁寧に育ててきた樹木や花が傷んでしまいますからね。

除草剤の量にも気をつけましょう。

量が多過ぎてしまうと、翌年の芝生の生育に影響を与えてしまいます。

雑草の種類を観察し、除草しなければいけない雑草に合った除草剤を選びましょう。

むやみやたらに除草剤を撒くことで芝生自体が枯れてしまうことがあります。

そうなってしまったら、元も子もありませんからね。

スポンサードリンク

芝生の肥料や水やりのタイミングのおすすめ!きれいな芝生を作るためには必要な2つのこと

芝生におすすめの肥料はたくさんあります。

その中から1つを選ぶのはなかなか難しいもの。

ネットショップで詳細をじっくり読みながらご自宅の芝生に合ったものを焦らず選ぶこともひとつの方法です。

芝生に使う肥料となると大量なのでネットショップは便利ですね。

 

肥料を撒くうえで大切なことは時期です。

日本芝であれば春から夏、西洋芝であれば春と秋に撒くことが適しています。

ご自宅の芝生の種類をしっかり確認しましょう。

 

また、きれいな芝生を作るうえで大切なことは水やりです。

春・秋は2~3日1回。

夏は毎日しっかりあげましょう。

冬は休眠期なので水やりの必要はありません。

芝生の表面だけでなく、底の土までしっかりと水をあげましょう。

まとめ

・雑草は芝生の成長を妨げるので除草した方がよい。

・ただし、芝生の周りの樹やお花に除草剤がかからないように、除草剤の量に気をつけること。

・肥料を撒くタイミングは、日本芝であれば春から夏、西洋芝であれば春と秋に撒くことが適している。

・水やりのタイミングは、春・秋は2~3日1回。夏は毎日。冬は休眠期なので不要。

 

芝生のお手入れについて不安は軽減されたでしょうか。

除草することは大変な作業ですが、絨毯のようなふかふかの芝生を作るためには欠かせないこと。

芝生も植物。

植物を育てることに焦りは禁物です。

芝生は失敗するとなかなか替えがきかないものですので、念入りにお手入れの必要があります。

絨毯のようなふかふかの芝生を想像し、楽しみながら毎日しっかり芝生と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:ガーデニングを室内でしてみたい。初心者向けの花の選び方と水やりのコツ

関連記事:トマトをプランター栽培で育てよう!支柱の立て方、土、水やりについて解説

 

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!