お月見団子の作り方は?米粉と白玉粉と上新粉の違いと、レシピで人気のモッチリ団子

十五夜と言えばお月見団子ですよね。

なぜ、十五夜に月見団子やススキをお供えするのかご存知でしょうか?

それは、穀物の収穫に感謝を表すためで、月のようにまん丸い団子を作ってお供えしたのが始まりだそうですよ。

関連記事:中秋の名月の由来と十五夜との関係とは?お月見団子とススキをお供えするようになった理由

 

今回は、そんなお月見団子の作り方と、原料となる米粉の違いや使い分け方、さらにモッチリとした団子を作るコツを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お月見団子のレシピの前に米粉と白玉粉と上新粉の使い分け方。それぞれの違いは何?

お月見のお団子を作るには、白玉粉などを使うことをご存知かと思いますが、粉にも米粉、白玉粉、上新粉といった種類があって、どれがどう違うのかよく分からないのではないでしょうか?

そこで、まずは原料、製法の違いをおさらいしながら、それぞれを比べておきましょう!

まず、米粉とは、その名の通り、お米を粉にしたものの総称です。

ですので、白玉粉も上新粉も米粉の一種ということになりますね。

原料の違い

白玉粉と上新粉の違いは粉にするお米の違いによるものです。

・白玉粉・・・もち米

・上新粉・・・うるち米(白米)

 

■白玉粉

白玉粉や上新粉はお餅を作るために使われますが、白玉粉はもち米からできています。

ですので「柔らかくつるんとしたなめらかな食感」のおもちができあがります。

大福餅が白玉粉からつくられていますよ。

 

■一方、上新粉で作ったお餅はうるち米が原料ですので、どちらかといえば「硬めで、のびずに歯切れが良い」お餅ができますよ。

柏餅も上新粉で作ったお餅ですよ。

弾力があって固めの食感ですね。

 

製法の違い

次に製法の違いを見ていきたいと思います。

 

■白玉粉

もち米を洗って水に浸します。

その後、水を加えながら、もち米を挽き、沈殿したものを乾燥させます。

寒い中、沈殿物を乾燥させるプロセスを繰り返すので白玉粉の別名は【寒晒し(かんざらし)】とも言われるのだそうです。

 

■上新粉

うるち米を洗います。

その後乾燥させ、粉にして完成です。

 

2つの粉を比べてみると白玉粉の方が手が込んでいますね。

製法の違いで粒子にも違いがみられて、次のようになります。

・白玉粉・・・かなり細かい粒子

・上新粉・・・粗い粒子

 

見た目にはあまり変わらないと思われがちな粉ですが、いろいろと違いがあることがわかりますね。

スポンサードリンク

お月見団子のレシピは大人気のモッチリ団子!基本的な作り方とモッチリさせる秘訣

さて、違いが分かったところで、いざ、月見団子を作ってみましょう!

基本的な月見団子のレシピと、さらに子供に人気のあるモッチリ団子の作り方を紹介したいと思います。

まずは、基本となる月見団子の作り方からご紹介します。

 

<材料>(お団子 約15こ分)

・上新粉 150g

・ぬるま湯 150ml

材料は、これだけです!

簡単ですね。

必ずぬるま湯を用意してくださいね。

練るときに水よりもぬるま湯のほうが練りやすくなりますよ。

少し面倒でも、ぬるま湯で!

 

<道具>

・鍋(たっぷりの湯を沸かしてくださいね)

・ボール2つ(粉を練る用と団子を冷やす用)

道具も簡単!

 

<作り方>

1、ボールに粉を入れ、少しずつぬるま湯を加えます。

2、耳たぶぐらいの固さになるまでぬるま湯を加えながら練ります。

3、ちょうど良い硬さになったら、15等分してから丸めて団子を作ります。

4、お湯の沸いた鍋に少しずつ入れてゆでます。たくさん入れるとお湯の温度が下がってしまうので、少しずつ様子を見ながらいれてくださいね。

5、団子が白くなって浮いてくる(2~3分)と冷水を入れたボールにすくい上げて冷やします。

6、冷えたら取り出して軽く風に当てるとツヤがでますよ。

7、器に盛って完成!!

 

材料がそろえば、アッという間にできてしまうのでぜひお試しください。

ここで、作り方は基本的には同じですがモッチリしたお団子ができる秘訣をご紹介します。

 

それは、基本の月見団子の材料のぬるま湯の代わりに、、、なんと絹ごし豆腐を使うのです。

豆腐の水分で練っていくのですが、しっとりもちもちとしたお団子になるのが人気の理由ですよ。

木綿ではなく絹ごしで作ってくださいね。

まとめ

・米粉とは、その名の通り、お米を粉にしたものの総称。

・白玉粉と上新粉の違いは粉にするお米の違い(白玉粉はもち米、上新粉はうるち米)

・モッチリしたお団子ができる秘訣は、お月見団子の材料のぬるま湯の代わりに絹ごし豆腐を使う。(木綿豆腐ではないので注意)

 

基本のお団子の作り方さえ押さえておけば、いろいろとアレンジがききますよ。

ヨモギの入った緑のお団子、かぼちゃを練りこんだ黄色いお団子など、お友達と一緒に作ってみると盛り上がりそうですね。

また、粉を白玉粉にすると粒子が細かいので、出来上がりがつるっとしたキレイなお団子になりますよ。

いろいろと試して、自分だけのオリジナルのお団子作りに挑戦してみてくださいね。

手作りのお団子で今年の十五夜はいつも以上に楽しくなりそうですね!

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました