気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 季節の行事 » お弁当の詰め方は運動会の時はどうしてる?おいしそうに見えるコツや果物の上手な詰め方

お弁当の詰め方は運動会の時はどうしてる?おいしそうに見えるコツや果物の上手な詰め方

目安時間約 6分

「お弁当のおかずができた!でもどうやって詰めようか・・・。」と悩んだことはありませんか?

特に運動会のお弁当は困りますよね。

他のお母さんに見られて恥ずかしいお弁当は作りたくないし、ぐちゃぐちゃだと食欲もなくなっちゃいますよね。

何よりも子どもに喜んでほしい!そう思いませんか?

今回はお弁当や果物の詰め方のコツを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

運動会のお弁当の詰め方にはコツがある!

<美味しそう!と思える色合いにする。>

子どもの大好きな揚げ物やウィンナーを入れると、どうしても茶色っぽいお弁当になってしまいます。

ですが、栄養のことばかり考えて野菜ばっかり入れてしまうと、子どもも楽しくお弁当を食べることができません。

茶色の他に2色のおかずを足すことで色合いがキレイになります。

 

~代表的な色のおかずや食材~

赤→パプリカ、鮭、カニかま、プチトマト、いちご、さくらんぼ

緑→枝豆、ピーマン、ブロッコリー、レタス、キュウリ、キウイ

黄色→レモン、コーン、卵焼き、パプリカ

白色→ゆでたまご、チーズ

この中でも赤と緑は使いやすい食材が多く、色味が強いのでオススメです。

少しの隙間にプチトマトやブロッコリーを詰めたり、揚げ物の下に敷いたレタスを上から見えるように配置するといいです。

 

<お弁当箱の中の色を黒や赤茶色にする>

とにかくお弁当の具材が映える色にすることです。

そのためにはズバリ黒や赤茶色を選ぶことが必須です!

おせちを入れるお重がオススメです。

例えば白だと、白いおかずや薄い色のおかずと同化するので、インパクトがなくなります。

 

<隙間を作らないためにカップを使う>

隙間がスカスカ空いていると、すごく寂しい気持ちになります。

運動会のお弁当の写真を検索すると、溢れんばかりにおかずが敷き詰められていますよね!

なんとも美味しそうに見えます。

ですがなかなか意識して敷き詰めることって難しいですよね。

そんな時に役に立つのが、お弁当用のカップです。

100均に売っているシリコン製や紙製のものを準備してください。

それをあらかじめお弁当箱の中に敷き詰めておき、その中におかずを詰めていけば簡単にキレイに詰めることができます!

大きいカップの方がいいのですが、見つからないという人は、お弁当用の仕切り(ばらん)を使ってもいいですね。

 

<おにぎりには柄付きラップを使う>

おにぎりの海苔が綺麗に貼り付けられない、キャラ物のおにぎりを作れないという方は、柄付きのラップでおにぎりを握りましょう!

100均でキャラクターの可愛いラップがたくさん売っています!

柄付きラップを使うことで一気にキレイな色使いになります。

ラップを開いてそのまま食べられるのもいいですね。

スポンサードリンク

お弁当の果物の詰め方

まず、果物は他のおかずと一緒に詰めないことをオススメします。

汁気が混じって美味しくなくなります。

食後のデザートという特別感にもなるので、別のお弁当箱やタッパーを準備しましょう。

 

<紙コップを使って盛り付ける>

お弁当箱やタッパーの高さに合わせて紙コップを切っておき、カットしたフルーツを詰めていきます。

人数分の爪楊枝を用意しておけば、そのまま一人ずつ渡してみんなで食べられます。

可愛い柄の紙コップにしておけば、気分も盛り上がります。

 

<ピックを使う>

爪楊枝を可愛いピックに変えることで更に可愛い盛り付けになります。

私もお弁当に使える可愛いピックを探しにセリアに行きましたが、色んな種類のピックがありました!

私の時代はあってもハートや星、国旗くらいでしたが、今はたくさん種類があっていいですね。

 

<ワックスペーパーで仕切ってみる>

果物は別の容器に詰めるようにといいましたが、少量の果物だけで十分!という場合は、おかずのお弁当箱に入れることになりますよね。

そんな時はワックスペーパーを使ってみてください。

ワックスペーパーで仕切れば、おかずの油やタレが侵入してきませんし、反対に果物の汁気もおかずの方に侵入しません。

ワックスペーパーもかわいいものが色々売っているので探してみてくださいね。

まとめ

お弁当を詰めるのに便利なアイテムがたくさんあることがわかりましたね。

子どもの頃の運動会のお弁当ってすごく嬉しくて、今でも記憶に残っています。

やはりキレイで美味しいという印象で残っています。

それほど運動会のお弁当って特別ですし、見栄えが大事です。

皆さんのお子さんも、大人になるまで覚えているのではないでしょうか?

「あ~また食べたいなぁ。」と思ってもらえるお弁当が作れるといいですね。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!