かき氷のシロップの作り方を紹介。手作りで楽しもう!でも実は同じ味って本当?

暑い夏がすぐそこまでやってきましたね!

夏といえばかき氷ですよね。

シロップをかける量を自分で調節できるのも、かき氷の醍醐味の一つですね。

ただ、市販のシロップだと少し量が多くて余らせてしまうってこともありますよね。

そこで、今年はかき氷のシロップを手作りで作ってみませんか?

かき氷のシロップは自宅でも作れるんです。

簡単にできる作り方を紹介しますので、ぜひ試してみてください!

さらに、「かき氷のシロップが実は同じ味」という話は聞いたことがありませんか?

この話、本当か嘘か調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

かき氷のシロップを手作りで作ってみよう。レモン味やイチゴ味の簡単な作り方

では、レモン味やイチゴ味のシロップの作り方を紹介したいと思います。

レモン味やイチゴ味はかき氷のシロップの代表ですよね。

とっても簡単に作れますよ!

 

■(1)レモン味

<材料>

レモン汁 大さじ1

さとう  大さじ4

・材料をすべて耐熱のコップなどに入れる

・電子レンジで500Wで40~50秒加熱する。途中1回取り出して混ぜる。砂糖が溶けたらOK。

 

これだけです。

なんて簡単なんでしょう!

材料も少なくてとっても手軽に作れますね。

このシロップは、炭酸で割ってもおいしいですよ。

たとえ、多めに作りすぎてしまっても、後から活用できるので安心です。

 

■(2)イチゴ味(その1)

<材料>

イチゴ 200グラム

さとう 200グラム

レモン汁 小さじ1

<作り方>

・イチゴを綺麗に洗い水分をしっかり取ります。ヘタの部分も除いてください。

・小鍋に砂糖、イチゴを煮立てます。

・煮立てる時間はお好みで!最後にレモン汁を加えて完成です。

 

この分量では小さな瓶2つ分の量ですので、お好みで調節してくださいね。

イチゴの果肉が入って贅沢なシロップですね。

でも、問題なのはこの時期にはイチゴが手に入りにくいということですよね。

そんなときは次のレシピでお試しくださいね!

 

■(3)イチゴ味(その2)

<材料>

イチゴジャム 30グラム

水       5グラム

さとう    10グラム

<作り方>

・材料をすべて耐熱のコップなどに入れて電子レンジでひと煮たちさせる。

・後は冷ますだけ!

 

とっても簡単!

500Wなら40~50秒、600Wなら20~30秒加熱してくださいね。

この分量でかき氷1杯分程のシロップができますよ。

スポンサードリンク

かき氷のシロップは全部同じ味というのは嘘か本当か?

さて、ここで少し話が変わります。

お祭りなどで見かけるおなじみのかき氷。

味がいろいろとあってついつい悩んでしまいますよね。

グリーン・ブルー・ピンク・イエローと色とりどりでワクワクします!

でも、実は市販のかき氷のシロップの味はほとんど同じなんだそうです。

せっかく一生懸命シロップを選んだのに、今までイチゴだと思って食べていたあのかき氷は何の味だったのか、、、と思ってしまいますよね。

 

その理由は、市販のかき氷のシロップのほとんどは、果糖ブドウ糖液と呼ばれる「高フルクトース・コーンシロップ」と酸味料でできているからなのです。

でも、同じ味のわけがない!かき氷を食べたとき、確かに味の違いを感じた!という方もいるでしょう。

では、同じシロップなのになぜ違いを感じるのでしょうか?

ヒミツは香料と着色料にあるのです。

同じ色のシロップを別の味に感じてしまうのは、脳の錯覚だと言われています。

人間は、食べ物の色と香りによって味を思い込んでしまう性質があるのです。

例えば「赤色」だとイチゴ、「緑色」だとメロンなどと勝手に思い込んでしまうのだそうです。

 

そういうことだったんですね。。。

でも、全部違う味だと思っていたかき氷のシロップがほとんど同じ味だったとはびっくりじゃないですか?

かき氷を食べるときには鼻をつまんで、目も閉じてじっくり味わってみてください。

きっと同じ味だという事に気付くのではないでしょうか!

 

※レモン味には若干のレモン果汁が入っていますが味に影響がない程度の量なんだとか。

抹茶味は粉末の抹茶が入ってるので、他の味との区別はつくそうですよ。

まとめ

・かき氷のシロップは自宅でも簡単に作れる。

・レモン味やイチゴ味のシロップの作り方もとっても簡単。

・実は、かき氷のシロップの味はほとんど同じ。

・同じ色のシロップを別の味に感じてしまうのは、脳の錯覚。

 

最近はかき氷ブームでふわふわのかき氷などが流行るなど、人気のかき氷。

今年の夏は手作りのシロップでお家でかき氷パーティーも楽しそうですね。

お祭りなどで数人のお友達とかき氷を食べる機会があったら、どの味も同じ味なのかぜひ実験してみてください。

若干のレモン果汁や抹茶粉末による味の僅かな違いを当てるのも、遊び心があって面白いかも知れませんね。

 

ちなみに、かき氷のシロップが残ってしまう、という心配をしているあなたには、是非、こちらの記事をご覧になっていただきたいと思います。

かき氷のシロップはいろいろ活用できますよ。

関連記事:かき氷のシロップの残りをどうすべきか?適当な使い道や活用法、賞味期限について

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました