気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 季節の行事 » 残暑見舞いとは?意味と期間、挨拶状の書き方は?贈り物やギフトのおすすめと相場

残暑見舞いとは?意味と期間、挨拶状の書き方は?贈り物やギフトのおすすめと相場

目安時間約 7分

皆さん、残暑見舞いという言葉を知っていますよね。

でも、本当はどういう行事なのか、その中身を知っていますか?

言葉としては知っているものの、具体的な内容を知らない方はたくさんいらっしゃるかと思います。

いきなり自宅に届いてどうしたらいいのか困った経験はありませんか?

私の残暑見舞いに対するイメージは「暑中見舞いの仲間」くらいのものでした。

しかし、大人になると付き合いも多くなりますし、きちんとわかっていた方がいい日本のしきたりです。

今回は、残暑見舞の意味やマナーなど役立つ情報を紹介していきます。

スポンサードリンク

残暑見舞いの意味と期間、気をつけるべきマナーは?

まず、残暑見舞いの意味から確認していきましょう。

残暑見舞いとは、日頃会うことができない人に、安否伺い・近況報告をする挨拶状のことです。

友人や知人、お世話になっている人の安否伺いや、結婚・出産報告をするのによい機会となります。

企業ですと、お客さんに送ったりもしますね。

 

次に、残暑見舞いの時期、期間について。

残暑見舞いを贈る期間は立秋から8月いっぱいまでとされています。

立秋とは、季節を24分割した中の一つで、地球と太陽の位置関係が関係しています。

大変難しい話になりますが、簡潔にいうと大体8月7~8日頃です。

毎年少し変わりますが、大体このあたりの日にちになりますので、覚えておくといいでしょう。

言い換えると、残暑見舞いの期間は「8月7,8日から8月いっぱいまで」となりますね。

 

似たような行事に、「暑中見舞い」がありますね。

残暑見舞いと暑中見舞いとの違いは、実は時期と季節だけです。

暑中見舞いは梅雨明け~立秋前までに送るもので、暦上は夏に送るものということになります。

残暑見舞いは立秋の後から送るものなので、秋に送ることになります。

違いはそれだけです。

つまり、立秋前後の曖昧な時期を避けて送れば問題ないですよ。

 

では、意味と期間を踏まえた上で、気を付けるべきマナーについて紹介します。

まずはどんなに遅くても8月いっぱいに出すようにしてください。

挨拶状の書き方では、「拝啓」「敬具」といった頭言葉や結語はいりません。

季節の挨拶は本文より少し大きめに書き、日付は年月日ではなく、平成〇年 八月と書きます。

内容は相手の体調を気遣う言葉を入れた方が、受け取った人にとって気持ちがいいですね。

また、自分の近況を書くことはいいのですが、体調が悪いことや仕事の不調というようなネガティブな内容は避けましょう。

やはり、これも受け取った人の気持ちを考えたら、分かりますね。

スポンサードリンク

残暑見舞いの書き方は意外と簡単。基本的な順番をおさえておこう

1、残暑見舞いの言葉

2、時候の挨拶

3、相手の体調を気遣う言葉

4、自分の近況報告

5、相手の健康を祈る言葉

6、最後の挨拶

7、年号と月(平成〇年八月)

という順番に書きましょう。

ちなみに、喪中の相手にもお祝いではないので出しても大丈夫です。

ただし、あまり派手な絵のハガキは避け、落ち着いた文面で送りましょう。

そして、結婚・出産などのおめでたい報告は「末筆ながら」と添え、文の最後に書くようにしましょう。

残暑見舞いにおすすめの贈り物やギフトはどんなものがいい?相場はどれくらいか?

残暑見舞いはハガキのみのやりとりといったイメージもありますが、ギフトを贈る人もいるようです。

7月15日まではお中元、それ以降は暑中見舞いや残暑見舞いとして贈るようです。

贈る商品は、相手の年齢や好みによって変わってくると思います。

ハム・ソーセージの詰め合わせ、コーヒーやジュース、洋菓子などたくさんの種類がありますが、あまり会う機会のない相手に贈る場合は特に悩むかも知れませんね。

そんな時にオススメなのが、カタログギフトと商品券です。

結婚式の引き出物のイメージのカタログギフトですがここでも大活躍です!

贈る相手が自分の好きなものを選べるというのがポイントです。

商品券も好きな商品を自分で購入することができるので便利ですが、高齢の方に贈る場合にはあまりオススメしません。

というのは、商品券が使える店とそうでない店を見分けないといけない手間があるので、相手を疲れさせてしまう可能性があります・・・。

相手の健康を願う残暑見舞いですので、相手の負担がないようにしたいものです。

金額の相場は大体3000~5000円程度で考えればいいでしょう。

特にお世話になった人に贈る場合は、10,000円のギフトを選んでいる方もいるようです。

こちらには、低~高価格まで14の価格帯のギフトが揃っていますので、おすすめです。

→ プレミアムカタログギフト

まとめ

・ハガキの残暑見舞いは立秋~8月いっぱいまでに送る。

・残暑見舞いの言葉→時候の挨拶→相手の体調を気遣う言葉→自分の近況報告→相手の健康を祈る言葉→最後の挨拶→年号と月(平成〇年八月) という順序で書けば間違いない。

・ギフトの残暑見舞いは7月15日以降に贈る。

・相手の好みがわからない時はカタログギフトや商品券がオススメ。

・ギフトの金額相場は3000~5000円程度。

 

関連記事:残暑見舞いの返事はいつまで?メールで出しても問題ない?暑中見舞いとの違い

 

いかがでしたでしょうか。

暑さの厳しい夏に体調を崩す方は多いです。

相手の体調や気持ちを気遣った残暑見舞いが送(贈)れるといいですね。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!