夏休みの自由研究として小学生の時のテーマはこう考えた。参考までにシェアします!

小学生の夏休みの自由研究…どうする?

夏休みで小学生のお子様がいらっしゃるご家庭に毎年のように問題となるのは自由研究。

自由研究っていったい何を作ればいいのかわからない…なんて相談をお子様からされた方も多いのではないでしょうか。

ところで、自分が小学生の時、どんなことを自由研究のテーマにしたか覚えていますか?

案外、自分が小学生の時にやっていたことが、お子様の役に立つかも知れませんよ。

夏休みの自由研究と言えば、今も昔も変わりませんからね。

今回は、「私の場合はこんなことをテーマにしました」という経験から、小学生の自由研究のテーマについて、2つのご提案をしたいと思います。

どちらも手軽にできますので、ご期待ください。

スポンサードリンク

小学生の自由研究のテーマを木の工作にした場合

ホームセンターに行くと工作キットみたいなのがたくさんあると思います。

そのなかでよくあるのがボンドでくっつけるだけでできる簡単な組み立てキット。

しかし、それでは面白くない! または既に作った! 既にお子さんの友達が作ってしまっていて被るのはちょっと…っていう人もいるかもしれませんね。

 

そんな時は実用性も兼ねて本立てを作ることをおススメします!

ホームセンターなどに行けば板状の木材が置いてあると思います。

そして好みのサイズにカットしてもらいます。

机と入れたい本の大きさと相談してくださいね。

あまり大きいものもしくは小さいものだと意味がなくなってしまいます!

【必要なもの】

・下の部分の板 1枚

・両側の板 2枚

・後ろの方につける細い板 1枚もしくは2枚

・固定する用のくぎ  両側の板を止める用に4本、後ろの方につける細い板用に4本

・トンカチ

・ニス

・ニスを塗るためのハケまたは筆

 

トンカチを使うのに不安があるお子様には強度に難が出るかもしれませんが木工用ボンドでもいいかもしれません。

ケガをしては大変ですからね。

また、もう少しうまくできそうなら本立てを2段にしたり、引き出しを作ったりするのもいいですね。

 

【基本的な手順】

1. まず、気になる方は切り口のところに紙やすりをかけます。

必須ではありませんが、あるほうがよりきれいに仕上がります。

2. ニスを薄く塗ります。

塗る際に新聞などを引くことをおススメします。

スポンサードリンク

しかし、そのまま新聞紙の上に置いたままにしてしまうとくっついてしまうので注意が必要です。

そして乾かします。

乾いた後にもう一度塗ることで塗りムラが少なくなりよりきれいになります。

3. ニスが乾いたら、くぎを使って組み立てます。

くぎを打ち込む際にまっすぐになるように気をつけましょう。

斜めに打ってしまうと板からはみ出してしまい、見栄えが悪くなってしまいます。

4. 完成!

好みで飾りをつけたり、色を塗ったりしてもいいですね!

 

お子さんが自分で作った本立てに愛着がわきますし、本立てを作ったのをきっかけにモノづくりの楽しさを知るかもしれません。

また、本立てに本を立てることで意識するようになって本を一層読むようになるかもしれません。

最近お子さんが本を読まなくなったなあ…って方にもおすすめだと思います。

小学生の自由研究のテーマを実験にした場合

自由研究でお子さんに自由研究で実験がしたい! と言われて戸惑った方も多いのではないでしょうか。

実験といってもあまりおおがかりなことはできないし、費用もそんなに高くないのにしたい…。

そんな方におススメなのが塩を使った実験です!

その中で今回は塩を野菜にかけるとどうなるのか?また、塩水につけるとどうなるのか? の実験です。

もしかしたら料理されている方ならご存知かもしれませんね。

 

【用意するもの】

野菜(キュウリがわかりやすい)、水、食塩、皿、塩水用のボウル

・まず、野菜を薄切りにします。

・そして、切った野菜を塩を振りかけるものと塩水につけるものと二つに分けます。

・しばらく置いておきます。

・両方から野菜を取り出し、触感を確かめます。

・その結果の違いをレポートにまとめる(写真入りだとなお良い!)

 

この実験で使うのは塩と野菜だけでそんなにお金がかからないものです。

それでひと夏の大きな課題が終わるのであればやってみる価値は十分にありますよ!

まとめ

・木の工作 ⇒ 本棚!

・実験 ⇒ 塩を使った実験!

 

一見難しそうな自由研究でも案外簡単なものもたくさんあります。

身近なものでも十分に面白そうなネタになることはあります。

既存のキットを少しアレンジするだけでも十分に自由研究といえます!

自由研究についてお子さんから相談されてもあまり難しく考えずにやりましょう!

「何でも経験」とやってみるのが一番です。

お子さんと一緒にモノを作ったり実験を手伝ってあげると普段より会話をする機会が増えるかもしれませんね。

夏休みが終わるころには、自由研究という大きな宿題をやり終えたお子さんが一段と成長している姿が見れると思います。

あなたもお子さんも楽しめる自由研究にして下さいね!

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました