新盆の香典の金額はどのくらいなのか?一般的な相場と薄墨の意味とは?

新盆(にいぼん)とは、故人が四十九日後に初めて迎えるお盆のことです。

僧侶や知人を招いて法要を行います。

東京と一部の地域では7月、そのほかの地域では8月に新盆を迎えることが多いようです。

また、西日本では初盆(はつぼん、ういぼん)という地域が多いとか。

参列者が前もって用意しておかなければいけないものに香典があります。

お通夜や葬儀の香典の金額の相場はなんとなくわかる方もいるかもしれません。

じゃあ新盆は?と聞かれるとどうなんだろう?となる方も多いのではないでしょうか。

また、香典を書くときのマナーは大丈夫ですか?どこに名前を書くかは買った香典の袋に説明が書いていることが多いですが、使うペンはわかりますか?

お通夜・お葬式の時は香典の名前を薄墨で書くことがマナーとなっていますが、新盆の香典の場合は?気になるところですね。

実際、わたし自身も新盆に行くという機会がなかったのですが、以前初めて夫の親戚の新盆に行くことになり急いで調べた経験があります。

そこで、新盆の金額の相場と薄墨の謎についてまとめてみました。

スポンサードリンク

新盆の香典の相場は親族の場合、どのくらい?

あなたの年齢や故人との関係性によって細かく目安があるようですが、一般的には実祖父・祖母の場合5,000~10,000円実父・母・兄弟の場合10,000~20,000円くらいが相場とされています。

夫婦の場合は香典返しが用意されることを見越して2倍の金額を用意しておくと問題ないでしょう。

お斎(おとき=法要の後、列席者を招待して行なう食事)に出席する場合は、食事代も加味して

3,000~10,000円程度を香典にプラスして包むといいです。

この時、夫婦・子供で出席する場合はその分も見越して用意してください。

その際に気をつけることがあります。

それは偶数の金額にならないようにすること。

2や6といった数は割り切れるため、故人とこの世のつながりが切れてしまうという意味があります。

同じく4や9は死や苦という言葉が連想されるので避けるべきでしょう。

ただ、地域性や親族間でのルールがある場合がありますので、一度一緒に参列する親族に相談するといいでしょう。

 

わたしは、夫の祖母の新盆に参列した際10,000円包みました。

その時はまだ結婚しておらず、婚約者という立場だったので

香典5,000円+食事代・香典返し5,000円という単純計算でこの金額に至りました。

プラスわたしの母は遠方で参列できなかったため、10,000円を別に準備して一緒に渡しました。

スポンサードリンク

新盆の香典には薄墨で書いた方がいい?そもそも薄墨の意味とは?

結論としては新盆の香典は濃い墨の筆ペンを用います。

お通夜やお葬式の香典に薄墨を用いる理由は、あまりの悲しみで力が入らず墨がすれない・悲しみの涙がすずりに落ちて墨が薄まったという意味です。

人が亡くなるのは突然起こること。心の準備ができてないのに・・・。といった心情でしょうか。

お通夜・お葬式は突然やってくる悲しいできごと。

新盆に関してはあらかじめ予定して執り行われるものなので、薄墨を用いる必要はないということなのです。

ややこしいようですがこうやって理由がわかると、なるほど!となりますね。

薄墨と濃い墨が一緒になっている筆ペンがコンビニや文房具店で売っているので、一本持っておくと安心です。

500円でおつりがくる値段で売っています。

 

もう一つ、香典袋の表書きには「御霊前」は使わないようにしてください。

「御霊前」は四十九日までとなっていますので、四十九日を過ぎた新盆には、「御仏前」(仏式)、「御神前」(神式)、「御供物料」(宗派問わず)を使います。

また、水引は双銀、黒白、藍銀、黄銀、黄白の結び切りを使用するといいでしょう。

こちらの関連記事も参考にして下さい。

参考記事:初盆のお供え物として線香を郵送しても問題ないか?熨斗の書き方と注意点

まとめ

・香典の金額の相場は5,000~1,0000円。

・お斎に参加するかなどによって金額を調整する。

・金額は偶数にならないように注意。

・地域性や親族間のルールが心配な方は一緒に参列する親戚に相談する。

・新盆の香典は濃い墨の筆ペンで書いてよい。

・表書きには「御霊前」は使わない。(御霊前は四十九日まで)

いかがでしたか?

親戚が一斉に集まる新盆。

失礼がないようにと妙な緊張感がありますが、故人への感謝と親族へのいたわりの気持ちを忘れずに、正しいマナーで参列できるといいですね。

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました