エアコンの水漏れは放置して使用しても大丈夫?そのまま使う直し方は?

エアコンの水漏れは放置して使用しても大丈夫?そのまま使う直し方は?

エアコンから何やら水が漏れている…!?単に結露しているだけかな…。

でも、

修理しようとすると業者を呼んだりして大変そうだし、

とりあえず今のところエアコンは普通に動いているし、まあ、いいか…。

いや、でもエアコンの水漏れを

放置しておくと、何かもっと良くない事態になってしまうんじゃないか…?

自分でできる修理方法があれば、

応急処置だけでもやっておきたい、でも何をすれば…?

本記事は、そんな心配を持っている方に向けて、

  • エアコンの水漏れは放置して、そのまま使っていても大丈夫なのか?
  • エアコンの水漏れした時に自分でできる直し方、応急処置や対策は?

といった内容をわかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク

エアコンの水漏れは放置して使用しても大丈夫?そのまま使うとどうなるの?

エアコンの水漏れは放置して使用しても大丈夫?そのまま使うとどうなるの?

エアコンから水漏れしていても、とりあえず、普通通りに使えている。

このような時は、

とりあえず水漏れは放置して使用しても大丈夫なのでしょうか?

結論から言いますと、

そのまま使い続けることはNG です。

 

なぜなら、

エアコンの水漏れは、水漏れが起きてしまう原因自体も問題ですが、

漏れた水によって、例としてこのようなトラブルが二次災害的に起きてしまうからです。

エアコン自体の故障がより深刻に

壁や床の染み、カビ、劣化。最悪腐食の可能性

漏電から火災の危険性

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

水漏れの原因はエアコンの故障かも

そもそもエアコンからの水漏れが起きる、ということは異常な状態です。

つまり、

水漏れの原因はエアコンが故障しているからかも知れないのです。

 

これを放置して、そのまま使うのが良くないのは何となく分かりますね。

今は、水漏れとして軽い故障症状なのかも知れませんが、それがもっと大きな故障症状に繋がってしまうかも知れません。

それによってエアコンが壊れてしまったら最悪です。

 

水漏れを放置すると壁や床が劣化する

水漏れを放置すると壁や床が劣化する

エアコンの水漏れを放置すると壁が床が濡れて汚れます。

濡れて汚れるだけならまだ掃除すればいいのですが、この状態が長く続くと、

壁紙や床にシミが残ったり、カビが生えたり、最悪、壁や床の内部が腐ります。

 

湿気はカビの大好物です。

また、水漏れの位置によっては、水が壁の中や床の隙間に入り込んでしまい、今は何もなくても将来的に腐食の原因にもなりかねません。

 

水漏れが漏電と火災の原因にもなり得る

もしエアコンからの水漏れが電気系統の部分に触れてしまうと大変です。

漏れた水が何かを伝って100Vのコンセントまで到達してしまったりすると、

漏電したり、電流がショートしてブレーカーが飛びます。

ブレーカーが飛ぶだけならまだしも、電流ショートした際の火花で埃等に着火し、

最悪、火災の原因になってしまう可能性もあります。

 

エアコンの水漏れを放置すると修理費用が嵩む!賃貸も同様

エアコンの水漏れを放置すると修理費用が嵩む!賃貸も同様

ここまで、エアコンの水漏れを放置して起こり得る3つのケースを見てきました。

エアコン自体が本当に壊れるかも

壁や床が劣化する。最悪、腐食する

漏電や火災の原因になる

これらのどの場合であっても、対応には多額の修理費用がかかります。

※火災は費用の問題ではなく、絶対に起こってはいけない事故です。

 

もし、賃貸物件の場合は、エアコンの水漏れ等の異常を見つけたら、すぐに管理会社や大家さんに連絡しましょう。

エアコン自体の修理費用は、貸主である管理会社や大家さんの負担になります。

しかし、エアコンの水漏れを放置したことによる壁や床の劣化などは、借り手の責任です。

この場合は、壁紙やフローリングの貼り替えなど費用は借り手が負担することになってしまいます。

貸主には修繕義務がありますので、備え付けエアコンの修繕費用は、貸主がその負担義務を負い、エアコンの水漏れによる壁の補修も貸主の負担となるのが原則です。(民法606条1項)

しかし、借主には「貸借物が修繕を要するときは、遅滞なくその旨を貸主に通知しなければならない」(民法615条)とする通知義務が課されています。

(中略)それを放置し、被害が拡大した場合、借主には保管(善管注意)義務違反(民法400条)の問題が生じます。

引用:藤ホーム地所株式会社HP より

 

スポンサードリンク

エアコンの水漏れの直し方は?応急処置で対策できる?

さて、エアコンの水漏れは放置して使用し続けてはいけないことはお伝えしました。

しかし、

エアコンの水漏れはどのように直したらいいのでしょうか?

専門業者に連絡して直してもらうのが確実ですが、それでは時間がかかりすぎてしまいます。

何とか自分でできる応急処置があるのなら、それは早めにしておきたいところです。

 

実は、水漏れの原因によっては、自分で応急処置として対策することが可能です。

ただし、専門業者に任せた方が良いこともあります。

そこで、まず

応急処置として自分で対策できる症状と直し方をお伝えします。

次の3つのポイントをチェックしましょう。

  • ドレンホースのつまり
  • フィルターの汚れ、つまり
  • 送風口のルーバーの角度

どれもそれほど難しいことではありませんので、最低限、応急処置として対応しておきましょう。

 

ドレンホース(ドレインホース)のつまり

ドレンホース(ドレインホース)のつまり

ドレンホース(ドレインホース)とは、エアコン内部で発生した結露や水滴を室外に排出するためのホースです。

エアコンの水漏れのトラブルのほとんどが、このドレンホース(ドレインホース)のつまりが原因と言われています。

ここが詰まっていると、結露や水滴が室外に排出できないので、当然、室内に漏れてきてしまいます。

 

応急処置としては、ドレンホースのつまりを取り除くことです。

ドレンホースのつまりの原因としては、次のようなことが挙げられます。

  1. ドレンホースが室外の荷物で押しつぶされてしまっている。
  2. ドレンホースの排出口の先端が地面について、土などに埋まってしまっている。
  3. ドレンホースが曲がっていて、排出口の先端が上を向いてしまっている。
  4. ドレンホースの内部がゴミや埃などの汚れで詰まっている。

 

1~3はどれも設置環境の問題ですので、室外へ出ているドレンホース周りの環境を見直してみましょう。

4はドレンポンプ(ドレン用サクションポンプ)という便利なアイテムがあります。

これを使って、ドレンホース内のつまりを吸い出すことにより、詰まりを解決しましょう。

※掃除機でも代用は可能ですが、ドレンホースの中の水が掃除機内部に入ってしまう恐れがあるのでおススメしません。

 

フィルターの目の詰まりや汚れ

フィルターの汚れ、目の詰まり

エアコンは室内の空気をエアコン内に取り入れて冷却し、送風口から吐き出します。

エアコン内部に埃が入らないように、エアコンには必ずフィルターがついていますね。

使用環境や長期間の使用によって、フィルターの目が汚れや埃で詰まってきます。

そうすると、エアコンが室内の空気を上手く取り入れられなくなるため、室温検知に狂いが生じてしまい、エアコンが過剰に空気を冷やそうとします。

すると、

エアコン内部で結露が生じやすくなり、場合によっては、結露がついた埃がフィルターから落ちてきて、風と共に送風口から出てくることもあります。

 

対策としては、フィルターを掃除しておくことです。

ほとんどのエアコンはフィルターは定期的に清掃することが推奨されているはずです。

取扱説明書にしたがって、フィルターを掃除しましょう。

 

送風口のルーバー角度

送風口のルーバー角度

エアコンの送風口から出てくる風の向きを調節するルーバーにはエアコン内部からの冷たい空気が当たります。

そのため、

ルーバー表面が結露して、その水滴が風に乗って吹き出してくることもあります。

室内の湿度が高く、エアコンを稼働し始めた時に起きやすい症状で、異常ではありません。

 

この場合は、

エアコンから出てくる風とルーバーの空気抵抗を和らげるように、ルーバーの角度を調整しましょう。

エアコンの風はたいてい床と平行に吹き出しており、ルーバーで下向きに風を送るよう調整されています。

したがって、送風口のルーバーの角度を床とできるだけ平行になるよう調整すれば、結露を防ぐことができます。

また、エアコンが稼働し、湿度が下がってくれば結露は自然と収まるものです。

しばらくしたらお好みの角度に調整し直せば良いでしょう。

 

エアコンの水漏れ修理で専門業者に依頼した方がよいケース

やはり自分でできる応急処置や対策には限界があります。

エアコンの水漏れとして次のような原因が確認できたり、疑われる場合には、

早急に専門業者に対応してもらいましょう。

  • アルミフィン(熱交換器)に埃や汚れが溜まっていて、水滴が結露している場合
  • ドレンホースへの排水経路に異常がある場合

専門業者と言っても、まずどこへ連絡すればいいのかよく分かりませんね。

そこで、

  • 専門業者はまずどこへ連絡すればいいのか?

も合わせてお伝えします。

素人がへたにいじって症状を悪化させてしまったら本末転倒ですから…。

 

アルミフィン(熱交換器)に埃や汚れが溜まっている

アルミフィン(熱交換器)に埃や汚れが溜まっている

アルミフィンとは、フィルターの下にあり、エアコンが取り込んだ空気を冷却する場所です。

フィルターを取り外すと確認できます。

アルミのフィン(羽上の切れ込み)が張り巡らされており、ここに、フィルターを通り抜けてしまった細かい埃等が溜まってしまうことがあります。

この埃に結露した水滴が溜まり、埃と共に送風口から出てきたり、後述するドレンホースへの排水経路を塞いだりしてしまう原因になります。

 

ただし、アルミフィンは非常に繊細な造りになっていて、フィルターと違い取り外しはできません。

埃や汚れが溜まっているからと言って素人が掃除機等で吸い出そうとすると、フィン構造を壊してしまうかも知れません。

ここが壊れてしまうと、空気を冷却する場所ですから、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

 

また、ホームセンターにはエアコン内部(アルミフィン)の掃除用スプレーが売っていますが、これも素人がヘタに使うことは止めた方が良いです。

なぜなら、スプレーの洗浄成分がアルミフィン以外の部分の電気系統部品に付着して、エアコンを故障させてしまうこともあるからです。

・ エアフィルターをはずした本体内部 ( アルミフィン部分など ) は、お客様でお手入れすることができません。
汚れが気になる場合など内部洗浄が必要な場合は、お買い上げの販売店または当社にご依頼ください。

市販の洗浄スプレーについて

市販の洗浄スプレーは、ご使用しないでください。
エアコン内部の洗浄は高い専門知識が必要です。 誤った方法で洗浄をすると、部品の破損による水漏れや 電気部品の故障などを引き起こし、 最悪の場合は発煙発火につながるおそれがあります。

画像引用:ダイキンHP エアコンのお手入れについて より

 

ドレンホースへの排水経路に異常がある

ドレンホースへの排水経路に異常がある

ドレンホースはエアコン内部で発生した結露や水滴を室外へ排出するためのホースであることは、すでにお伝えしました。

しかし、ドレンホース自体に異常がなくても、

ドレンホースへの排水経路までに異常がある場合、本来、室外へ排出されるための水分が行き場を失い、室内で水漏れが発生します。

この原因としては、

  • エアコン内部のドレンへの排水経路(ドレンパン)にゴミが溜まっている
  • 排水経路とドレンホースへの接合部にズレや亀裂がある

などが考えられます。

 

どちらもエアコン内部の構造や施工処理の部分になります。

ドレンパンは2か所あり、エアコンのカバーを開けただけで目視で確認できる位置と、エアコンを壁から取り外さないと確認できない位置にもあります。

そのため、下手にいじってしまうとエアコンを壊してしまうかも知れませんし、症状を悪化させることにもなりかねません。

 

エアコン修理の専門業者はどこへ連絡したらいいのか?

これまで見てきたような症状の場合は、迷わず専門業者へ修理依頼をしましょう。

どこへ連絡すればいいのか、と言えば、

まずはエアコンの製造メーカーのサービスセンターに連絡しましょう。

 

なぜなら、

エアコンの製造メーカーはお持ちのエアコンの不具合症状を熟知しているからです。

  • エアコン自体の不具合なのか?
  • 掃除などのお手入れで解決できそうな問題なのか?
  • エアコンの取り付けなど施工の問題なのか?

これらを判断し、対応できるからです。

まずは、症状をしっかりと伝えて、どのような対応が必要かアドバイスをもらいましょう。

その上で、必要であれば修理費用を見積もってもらうと良いでしょう。

まとめ

以上の内容を簡単にまとめます。

【エアコンの水漏れは放置して、そのまま使っていても大丈夫なのか?】

  • そのまま放置して使い続けるのはNG!
  • より深刻なエアコンの故障、壁や床の染みや腐食、漏電や火災に繋がる可能性
  • エアコンの水漏れを放置するとかえって多額の修理費用がかかる可能性
  • 賃貸物件の場合は、管理会社や大家さんへまず連絡

【エアコンの水漏れした時に自分でできる直し方、応急処置や対策は?】

  • ドレンホースのつまりを直す
  • フィルターの汚れ、目詰まりを掃除する
  • 送風口のルーバーの角度を調整して結露しにくくする

【専門業者に任せた方がよい症状は?】

  • ドレンへの排水経路(ドレンパン)にゴミが溜まっている
  • 排水経路とドレンホースへの接合部にズレや亀裂がある
  • まずはエアコンの製造メーカーのサービスセンターに連絡

 

原因がよく分からない場合は、思い切ってエアコン業者に連絡してしまいましょう。

修理代などで多少の出費は覚悟しなければなりませんが、早い段階で処置しておけば数千円~2万円程度で収まるようです。

快適な生活を送るためには、この方がかえって安い出費かも知れません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました