ケーキ作り初心者が揃えるべき道具は?お菓子作りの必須アイテム12選!

お菓子を手作りするために必要な道具は何?お菓子作りの必須アイテム12選!

おうち時間が増えた現代、いろんな趣味を探している人を多く見かけます。

そんな中お菓子作りに挑戦しようと持っている人はここにたどり着いたことでしょう!!

初めはどんな器具が必要なのかわかりませんよね?

ということで今回はケーキ作りやお菓子作りの初心者が最低限必要とする器具を

「はかる」「混ぜる」「ふるう」「焼く」にわけて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ケーキ作り初心者が揃えるべき道具は?材料をはかる器具編!

お菓子というものはとても繊細な食べ物。

雑に材料を加えてしまえば生地が

  • 膨らまない
  • 硬い
  • ぼそぼそ
  • べちゃべちゃ

と焼き上がりに支障が出ます。

お菓子は化学なのです!!

料理は後から材料を加えて修正できますが、お菓子は工程の順序を間違えてしまうと修正できないものもあります。

焼き菓子は焼き上がるまで形にならないので、しっかり分量を量って材料を合わせることで、より美味しいお菓子ができます。

計量器

計量器

お菓子作りをするときに必ず使うものですね。

できれば、器具を乗せてから0表示にできるものや、小数点第1まで表示できるものが良いでしょう。

お菓子の種類によっては数gずれるだけで焼き上がりに違いが出ます。

現在では牛乳や水に合わせて設定できる優れものもあります。

計量スプーン

計量スプーン

お菓子の材料によっては、5gだけや15gと少ない分量もあります。

いちいち計量器で量っていたら時間がかかるので、計量スプーンがあってもいいですね。

計量カップ

水や生クリーム、牛乳はお菓子作りでよく出てくる材料。

今の時代計量器で牛乳や水の単位に設定できるものがありますが、その機能がついていない場合は計量カップで量りましょう。

ケーキ作り初心者が揃えるべき道具は?混ぜる編!

お菓子は、材料を丁寧に混ぜることで美味しい焼き菓子になります。

混ぜる工程はコツがあって、お菓子によって

  • 「空気を含ませるように混ぜる」
  • 「〜分立てまで混ぜる」
  • 「底に擦り付けて潰すように混ぜる」
  • 「切るように混ぜる」

といろんな「混ぜる」があります。

それを担ってくれる混ぜる器具を紹介していきましょう。

ボウル

  • 冷やす
  • 溶かす
  • 温める

などお菓子は温度調整をすることがあります。

などでボウルは熱伝導の優れたステンレス製を選びましょう。

3つほどあると便利です。

泡立て器

泡立て器

お菓子作りにおいて必須アイテムですね。

  • 「生地を混ぜ合わせる」
  • 「満遍なくしっかり混ぜる」
  • 「空気を含ませながら混ぜる」
  • 「すりまぜる」

の混ぜる役割を持っています。

大小二つあると、少ない生地と多い生地で使い分けることができるので余裕がある方は二つあると便利ですよ。

耐熱ゴムベラ

耐熱ゴムベラ

縦と面で混ぜ方を使い分けられる二面性を持ったゴムベラは混ぜすぎないようにするための

    • 「切るように混ぜる」
    • 「粉っぽさがなくなるまで混ぜる」
  • 「潰すように混ぜる」

の混ぜる役割で使います

またゴムベラは柔軟性を持っているため、ボウルの縁や周りについた生地をきれいに集めることができます。

ハンドミキサー

ハンドミキサー

必ず必要というわけではありませんが、あるとものすごく便利です。

卵白を泡立てて作るメレンゲというクリームは泡立て器で混ぜると体力と時間がかかるんですよね。

そういった混ぜる工程が大変な時にハンドミキサーがあれば、体力入らずで短時間でツノがきれいにたつクリームを作れます。

スポンサードリンク

ケーキ作りの初心者が揃えるべき道具は?ふるう、こす編!

粉物を多く使うお菓子にとっては大切な工程。

スポンジを切り分けたときに断面に玉になっている薄力粉や、ムースの断面にゼラチンの塊があったら見た目は最悪ですよね⤵️

そうならないよう器具を紹介していきましょう!!

ふるい器

ふるい器

薄力粉やココアパウダー、アーモンドプードルなどいろんな粉を使いますが、玉になっていたりしているので生地に混ぜる前に必ずふるいにかけます。

また塵や異物などを取り除くこともできるので衛生的にも良い役割をしてくれます。

こし器、茶こし

ふるい器より網が細かく、液状のものしか通さない器具。

ゼラチンを加えたものや滑らかな生地にする時に使います。

もし薄力粉を加えていくら混ぜても玉になってしまう時はこすことによって、玉を取り除くこともできます。

こした後の滑らかで艶のある生地はとてもきれいなんです!!

また仕上げのココアパウダーや、粉糖を表面にかける際に使うことができます。

ケーキ作りの初心者が揃えるべき道具は?焼きと仕上げ編!

焼き入れや冷やすことによって完成するお菓子たちは型によって変化していきます。

自分の作りたいものに合わせて見ていきましょう。

型

ホールケーキやパウンドケーキを作る時に欠かせないものですね。

基本的にホールケーキはレシピを見ると18cmの丸型で作られているので、18cmのものを選ぶと扱いやすいです。

底抜けタイプの方を選ぶと型から抜きやすいので便利ですよ。

また、クッキーを作る時には型抜きも必要になります。

ものによっては型抜きが必要ないものもありますが、自分の好みの型があればあって損はないでしょう。

絞り袋と口金

絞り袋と口金

シューやマカロンの生地を絞るときや、飾りの生クリームで使う道具になります。

口金は丸口2種、花口金1種ほど持っていれば大抵のお菓子や飾りができるので3種類ほどあると良いでしょう。

クッキングシート

クッキングシート

どんな焼き菓子にも焼く時にクッキングシートを敷いたり、焼き上がりに取れやすいように型に沿ってシートをを貼り付けたりします。

鉄板に敷いて使うシリコン製の何度でも使える優れものもあります。

【まとめ】ケーキ作りの初心者が揃えるべき道具は?ケーキ作りの必須アイテム12選!

今回は初めてのお菓子作りで必要なものを紹介していきました。

はかる、ふるう、混ぜる、焼くと大きく分けると様々な道具が出てきましたね。

  • 計量機
  • 計量スプーン
  • 計量カップ
  • ボウル
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • ハンドミキサー
  • ふるい
  • 茶こし
  • 絞り袋と口金
  • クッキングシート

全部を集めると高いのでは?と思うかもしれませんが、紹介した道具はハンドミキサー以外で、100円ショップやダイソーなどで全部集めることができます。

ぜひみなさんも手作りお菓子を作って、お家時間を充実したものにしてください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました