気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 日常 » 椿山荘のほたるの夕べ(2018年)。ホタルの見頃の時間帯は?口コミでの評判

椿山荘のほたるの夕べ(2018年)。ホタルの見頃の時間帯は?口コミでの評判

目安時間約 5分


Firely Fantasy 2018年5月18日~7月3日

都内に居ながら滝の音やら小鳥たちのさえずりが聴こえるなど、四季折々の自然の風景を楽しめる自然豊かな広大な庭園を持つ椿山荘。

緑豊かな故郷をイメージさせてくれる椿山荘の庭園は、あのお父さんのふるさとは今も変わることなく、ここにあるんだよと子供達の心に焼きつけてくれるのに違いない。

きっと一生の良き思い出に残ることでしょう。

今夜は、あの昭和の時代にタイムスリップして子供達と一緒に幻想的なほたるの舞をご堪能下さい。

スポンサードリンク

ホタルの見頃の時間帯は?

ほたるは、5月下旬~6月下旬まで楽しむことが出来ます。

日没頃より跳びはじめて最も活動する時間帯は、20時~22時頃です。この時間帯が鑑賞の目安になります。

ほたるは、好天続きよりも雨上がりや雨の降る直前など湿度の高い日に活動が活性化します。

特に、風がなく、夕方に小雨が降ったような蒸し蒸しした夜が狙い目です。

また、ほたるの発光は、雄と雌の求愛行動ですので、周囲の明かりに敏感ですので月齢に影響されます。

暗い新月の前後が狙い目です。

「2018年の新月」は5月15日と6月14日です。

逆に明るい満月の前後は、ほたるの活動は低迷していますので満月前後は、避けて下さい。

「2018年の満月」は5月29日と6月28日です。

ほたるの活動については、「500度説」と言う仮説を検証する観測を行っているようです。

ほたるの幼虫は、水生で陸上に上がるのは、桜(ソメイヨシノ)が散る時期の4月の雨の夜が多いとか。

理由は、雨で土が柔らかくなるから、と言われています。

この仮説は、1日の平均気温を加算し、500度に達した時にほたるの舞が観測出来ると言う説です。

この500度説の時期のほたるの鑑賞を狙って、椿山荘に問い合わせしても参考になると思います。

スポンサードリンク

ほたるの夕べの開催期間

【開催期間】

2018年5月18日~7月3日

期間中は椿山荘の庭園は、23:00まで自由開放となりますのでほたる観賞のみであれば無料です。

 

【エリア】

椿山荘の庭園内です。

 

【ほたるの種類】

ゲンジボタル(大型で発光も強く日本を代表しる品種)です。

 

【見どころ】

広い庭園内でも、ほたる観賞にお勧めポイントは、弁慶橋付近です。

この橋の下は、美しい清流がなだらかに続く沢で、その名も「ほたる沢」でほたるが最も多く飛び交う幻想的なスポットとなります。

続いて、弁慶橋の先にあります湧水が噴する「古香井」周辺でも優しい光を放つほたるを楽しめますよ。

この辺りは、紫陽花を始め水辺に咲く初夏の花々の名所でもありますから、ほたるとお花のコラボレーションをお楽しみ頂けると思います。

ほたる観賞の小休止に椿山荘内のレストランを利用されるのも良いと思います。

ほたるの夕べディナーブッフェ2018が開催されておりますからご家族でほたる観賞の楽しい語らいとなりましょう!

椿山荘のホタルの夕べの口コミでの評判はどうなのか?

椿山荘のホタルです。東京なのにこんなにたくさん光っています。
椿山荘のハイティは、良いぞ。こんなに豪華な三段皿のオードブルに厚さ1.5cmのローストビーフに、こーんなデカイケーキ

格式高い椿山荘だけあってほたる観賞は勿論、食文化でも大満足ですね!

まとめ

椿山荘は、敷地面積2.5万坪、東京ドーム1.5倍以上の広さを誇り、140年近い歴史ある格式あるホテル。

しかも60年以上にわたり毎年開催されているほたるの夕べは、間違いなく東京の一大イベントだと言えます。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!