めざましテレビ井上清華アナが選ばれた3つの理由とは?久慈暁子アナと比較した違いは何?

めざましテレビのMCの永島優美アナウンサーが2020年3月一杯で卒業して、新番組「めざまし8(エイト)」へ移動となり、その後任として井上清華アナウンサーが内定しました。

ところが、今までめざましテレビの後任MCには久慈暁子アナウンサーが濃厚であると見られていたため、ここにきて、なぜ井上アナに決定したのか?その理由は一体何なのか?と話題になっています。

本記事では、久慈暁子アナと井上清華アナを比較して、井上アナがめざましテレビのMCに選ばれた理由について考察しました。

是非、読み進めて下さい。

スポンサードリンク

めざましテレビ井上清華アナが選ばれた理由は経歴や経験値の差?

めざましテレビのMCに井上清華アナウンサーが選ばれた理由の一つの可能性としては、その経歴からくる経験値の差が考えられます。

しかし、結論から言うと、経歴や経験値は理由ではないようです。

井上清華アナと久慈暁子アナの経歴、経験値の比較

では早速、久慈暁子アナウンサーと比較して検証してみたところを説明します。

■井上清華アナの経歴

生年:1995年4月(25歳 ※2021年1月時点)

身長:161cm

出身大学:青山学院大学 文学部 比較芸術学科 卒業

注目ポイント:

ESS(Englisn Speaking Society) スピーチ部門所属

ミス青山コンテスト2015 ファイナリスト

フジテレビ入社:2018年4月(3年目 ※2021年1月時点)

アナウンサー経歴:日本テレビ『NEWS ZERO』お天気キャスター(2016年3月~2017年3月)

 

■井上清華アナの経歴

生年:1994年7月(26歳 ※2021年1月時点)

身長:166cm

出身大学:青山学院大学 経済学部 経済学科 卒業

注目ポイント:

旭化成グループキャンペーンモデル(2014年)

第45回non-noモデルオーディション グランプリ(2014年)

フジテレビ入社:2017年4月(4年目 ※2021年1月時点)

アナウンサー経歴:『めざましテレビ』スポーツキャスター(2017年10月~)

『めざましどようび』総合司会(メインキャスター)(2019年4月~)

 

さて、どうでしょうか?

正直なところ、アナウンサー経歴以外の目立った経歴の違いはないように見えます。

久慈アナは井上アナの1つ年上で、どちらも青山学院大学卒業。

どちらも容姿端麗で、ミスコンテストなどでの上位経験者。

フジテレビ入社歴も久慈アナの方が1年早いだけで、大きな違いとは言えません。

ところが、アナウンサー経歴というより経験値、という見方をすると、久慈アナが大幅リードしている印象があります。

井上アナがお天気キャスターしか経験したことがないのに対して、久慈アナはスポーツキャスターとメインキャスターも務めています。

スポンサードリンク

めざましテレビ井上清華アナが選ばれた理由は久慈暁子アナの彼氏や結婚の噂のため?

可能性の一つとして、両者の彼氏の存在や近い将来の結婚の噂などが影響していることも考えられます。

結論としては、久慈暁子アナには彼氏がいて、近い将来結婚するかも知れない、という噂があり、それが影響した可能性は大きいと考えられます。

久慈暁子アナには恋人の存在があり、近く結婚するという噂?

久慈暁子アナにはつい最近、結婚の噂が報道されていました。

「原さんは、この2年以上のあいだ、久慈アナとの愛を大切に育ててきました。近く結婚すると聞いています」 そう語るのは、ある球界関係者だ。

引用:週刊FLASH 2021年2月2日号

「原さん」とはプロ野球ヤクルトスワローズの原樹理選手のことです。

2019年5月には久慈暁子アナが原選手のマンションに通う姿などが目撃されており、交際は順調なようです。

まだ結婚の正式な発表はありませんが、関係者の中ではいつ結婚してもおかしくないと考えられているかも知れません。

もし、お二人が近い将来結婚、ということになり、めざましテレビのメインMCとして久慈アナが就任した場合、月曜日から金曜日の早朝番組であるため、新婚生活と仕事の両立が難しくなることが想像できます。

そのため、久慈アナのめざましテレビのメインMCへの抜擢は見送られたのかも知れません。

井上清華アナは彼氏や結婚の噂はあるの?

逆に井上清華アナには、2020年1月現在、彼氏の存在をほのめかす情報がありません。

そのため、井上アナはどんな時間帯でも仕事に全力を注げる環境にあると言えます。

井上アナは持ち前の人懐っこさと愛嬌で周囲のスタッフとの関係も非常に良いようです。

井上清華アナは… こんな人!

人懐っこさと愛嬌に先輩陣もメロメロです。持ち前のガッツで何にでも全力!たまに出る男前発言も魅力的〜♪永島優美

引用:フジテレビ アナウンサー公式サイト

めざましテレビのスタッフとしても、この先、結婚によって生活スタイルが変わるかも知れない久慈アナよりも、仕事に全力投球できる環境にある井上アナの方が選びやすかった可能性も高いですね。

めざましテレビ井上清華アナが選ばれた理由はアナウンス力の評判のため?

さらにもう一つ、選択の要素になり得ることとしてはアナウンサーとしての力量、評判などが挙げられます。

この点については、久慈暁子アナよりもアナウンサー歴が1年若いとは言え、井上清華アナの方の評判の方が良いような意見があり、井上アナが選ばれた理由の一つかも知れません。

久慈アナは過去にインタビューで炎上したことがある

2017年の10月からめざましテレビのスポーツキャスターを務めていた久慈暁子アナですが、過去にスポーツ選手への直接インタビューの内容が、炎上、大バッシングされたことがあります。

フィギアスケートの羽生弓弦選手とサッカーの長谷部誠選手へのインタビューで、どちらも大事な大会の競技後の中での直接インタビューでした。

このことが今も尾を引いていて、メインキャスターの選考に対して不利に働いてしまった可能性は十分に考えられます。

 

■羽生弓弦選手へのインタビュー

羽生に『自身の競技以外で印象に残っていること』を質問し、さらに追加で『平昌でおいしかった料理』を尋ねました。すると、羽生は開口一番に『おいしかった料理については、ちょっと省きます』と、回答を拒否したんです

引用:CYZO WOMENより

こちらのインタビューは2018年平昌オリンピックで男子で66年ぶりとなる2連覇を成し遂げた羽生弓弦選手へのインタビューです。

2連覇という偉業とは全く関係のない「おいしかった料理」について質問して、羽生選手から回答を拒否されてしまいました…。

 

■長谷部誠選手へのインタビュー

久慈アナは長谷部に対し、「インスタグラムで代表引退をファンの皆様に表明されたと思うんですが、その時の661文字が本当に大きな感動を呼びました。その件について、どのようにとらえてらっしゃいますか?」と質問。困惑の表情を見せた長谷部は数秒間沈黙するも、苦笑いを浮かべつつ久慈アナの質問に回答した。

引用:Bussiness Journalより

こちらはサッカーの長谷部誠選手に対するインタビューでした。

2018年のワールドカップ決勝トーナメントに出場するも惜しくも敗退した直後の帰国直後。

こちらは長谷部選手個人のこととは言え、ワールドカップという大舞台での健闘とはズレた質問で、長谷部選手が回答に困ってしまっていました…。

 

井上清華アナはアナウンスが上手と評判!その理由は?

一方で、井上清華アナのアナウンスに対しての評判は上々のようです。

めざましテレビの視聴者の中には、井上アナの「声」が優しい、元気が出るという声も多数あります。

 

実際のアナウンサーモードの井上アナの声は本当にキレイです。こちらで聴いてみて下さい。

 

ちなみに、井上アナは通常のアナウンサーが出勤してから行う発声練習、ストレッチを、出勤前の自宅で行うそうです。

「めざましテレビ」の放送は午前4時55分から。起床は深夜2時半だ。アナウンサーは、通常、出勤してから発声やストレッチを行うが、井上アナは、出勤前の自宅で「発声練習とストレッチをする」のがルーティンになっているそう。

引用:毎日キレイより

深夜2時半の起床で、さらに発声練習とストレッチとはすごいです…。

このような地道な努力の結果が視聴者に届いているのだと思います。

また、経歴のところでも触れましたが、井上アナは青山学院大学在学中にESS(Englisn Speaking Society)のスピーチ部門に所属しており、そこでの地道な積み上げが今に活きているのかも知れません。

 

【まとめ】めざましテレビ井上清華アナが選ばれた理由とは?久慈暁子アナと比較した違いは何?

めざましテレビのメインキャスター(MC)に井上清華アナが選ばれた理由と、久慈暁子アナとの比較を通して検証してきました。

①経歴や経験値の差?

→ 経歴はほぼ同じ。アナウンサーとしての経験値は久慈暁子アナの方がリードしているように見える。

②彼氏や結婚の噂のため?

→ 久慈アナは近い将来に結婚する可能性があるかも。井上アナには彼氏の存在をほのめかす情報がない。平日朝の情報番組のメインMCとしては、結婚生活が始まるかも知れない久慈アナよりも、仕事に全力投球できるであろう井上アナの方が適任か。

③アナウンス力の評判のため?

→ 久慈アナはスポーツキャスターとして過去に羽生選手と長谷部選手への直接インタビューで炎上、大きく躓いたことがある。一方で井上アナはそのようなことがなく、特に声がキレイと評判。めざましテレビの出演のために深夜2時半に起きて、発声練習とストレッチをしている。

 

以上から、総合的に見て、井上清華アナが選ばれたことはある程度、納得感のあることのように思えます。

しかし、後任MCとして見られていた久慈アナにとっては、やはり悔しい現実でしょう。

久慈アナのインタビューでの炎上などは、実戦経験したからこその失敗であって、それがすべてではありません。

容姿にも才能にも恵まれた久慈暁子アナウンサーですから、この経験を活かして、今後も更なる飛躍、活躍を期待します。

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました