春名風花の示談金315万円も内容や相場とは 中傷相手は誰で何した?

女優の春名風花さんがツイッターで誹謗中傷されたとして、書き込みした人物を相手に慰謝料を求める裁判を起こしました。

結果として、春名さん側が刑事告訴を取り下げ、書き込みをした人物が春名側に示談金約315万円を支払う、という形で決着しましたが、訴訟は具体的にどのような内容だったのか?

315万円という示談金は安いのか。高いかのか?誹謗中傷で訴えられた場合の示談金の相場はいくらなのか?

春名風花さんを誹謗中傷した相手は誰で一体何をしたのか?

これらについてまとめました。

スポンサードリンク

春名風花さんの示談金(慰謝料)315万円で決着した訴訟の内容は?

まずは春名風花さんへの示談金(慰謝料)315万円で決着した本訴訟について、簡単に内容をご紹介します。

春名風花さんへの示談が成立するまでの経緯
ツイッターに「彼女の両親自体が失敗作」というツイートが書き込み、投稿される。

→春名風花さんがプロバイダに発信者情報を求める。

→東京地裁「社会通念上許される限度を超える侮辱表現で、名誉感情を害されたことは明らか」と認定し、氏名や住所などの開示をプロバイダに命じる。

→春名風花さんが神奈川県警に告訴状を提出。被告に慰謝料など約265万円の支払いを求める訴訟を起こす。

→投稿者への家宅捜索と取り調べが始まる直前に被告側から「示談金を支払うので告訴を取り下げてほしい」という申し出がある。

→被告側が春名さん側へ示談金(慰謝料)約315万円を支払う内容で示談が成立。

春名風花さん本人だけではなく、その両親も侮辱するような内容がSNSに書き込まれたことが事の発端です。

このようなことはSNS上では良くあるような書き込みなんじゃないの?と思う人もいると思います。

しかし、それが他人ごとではなく、自分や自分に親しい人に向けられた時はかなり深く傷つきます。

春名風花さんはそのような書き込みにただ我慢したり流したりするのではなく、立ち向かっていった結果、誹謗中傷した発信者を特定し、相手から示談の申し出がでるところまで持ち込みました。

ここまでに約2年ほどかかっているそうです。

長い戦いだったと思います。

スポンサードリンク

誹謗中傷の示談金(慰謝料)の相場はいくら?

さて、春名風花さんへの示談金(慰謝料)の315万円という金額は、相場的にどうなのでしょうか?

春名さんは一般人ではなく、いわゆる芸能人です。

一般人と芸能人で金額の違い等、あるのでしょうか?

一般社団法人 ネット削除協会 のHPに詳しく書いてありました。

誹謗中傷(名誉棄損、侮辱)の慰謝料相場

誹謗中傷とは分解すると、名誉棄損と侮辱に分けられます。

名誉棄損の場合の慰謝料相場

一般人に対する名誉毀損 100,000円~500,000円
事業者、芸能人に対する名誉毀損 500,000円~2,000,000円

(引用:ネット誹謗中傷で請求できる慰謝料の相場(名誉毀損・侮辱・プライバシー侵害)

侮辱による慰謝料相場

100,000円~500,000円

(引用:ネット誹謗中傷で請求できる慰謝料の相場(名誉毀損・侮辱・プライバシー侵害)

名誉棄損と侮辱の違いは割愛しますが、どちらも慰謝料は10万円~50万円程度です。

春名風花さんのような芸能人でも50万円~200万円

安い、とも言えるし、高い、とも言える微妙な金額のような気がします。

この件について、春名さんは次のように語っています。

春名さんは「お金の問題よりも、社会的に罪を償ってほしいという思いで裁判をしていた」と話し、示談についても「のちの人のために、判例を作るべきではないかという思いもあった」として最初は拒否していたという。

ただ、今の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞き、「現行法では、やったことに対しての処罰が甘すぎる。法律で裁く方が罪が軽くなってしまうかもしれないと判断した」と説明した。

(引用:春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金315万4000円

やはり誹謗中傷を受けた当人にとっては、お金の問題ではなく、モラルの問題というか、本人に社会的に罪を償ってほしい、という思いの方が強いようです。

金額が安いか、高いか、ではないのですね。

そのため、示談の話も当初は断っていたようです。

お金で解決されてしまうというのが納得いかなかったのだと思います。

最終的には、誹謗中傷をした投稿者は春名風花さんに対して謝罪をした上で、もう二度としないという約束もし、春名さん側も示談という形を受け入れたようです。

春名風花の中傷相手は誰で何した?

さて、提訴のきっかけとなったのが「彼女の両親自体が失敗作」という書き込みをツイッターで書き込んだ中傷相手は誰だったのでしょうか?

まず間違いなく言えるのことは春名風花さんの知り合いではない、ということです。

そして、名前を伏せて匿名で書き込んでいるため誰だか特定はできませんが、315万円という金額が前述の相場観よりもかなり高額であることを考えると、ある程度の社会的地位のある人物である可能性が考えられます。

顔を知っている知り合いであれば、こんな酷いことは言えないですし、簡単に特定されてしまうことがない環境で書き込んでいるくらいですから、心の底では後ろめたいものを感じながら(少なくとも立派なことをしているとは思わずに)投稿していたのでしょう。

春名風花さんは誹謗中傷されたことを根拠に、プロバイダに開示請求をして、実際に投稿者の氏名や住所などの特定まで繋がっています。

特定されて困るようなことは書き込みするべきではない、ということですね。

春名風花の示談金315万円も内容や相場とは 中傷相手は誰で何した?【まとめ】

春名風花さんへの示談金(慰謝料)で決着した訴訟の経緯内容や、慰謝料の相場についてまとめました。

結局、中傷相手はプロバイダに開示しなければ分かりません。

だからといって、このような誹謗中傷がネット上で繰り返されてはいけないと思います。

春名さんは今回の件を通して、このように言っています。

「勇気を出して訴訟をしたことでゆっくりと動き出したような気がします。誹謗中傷されて何かが変わるなんて悔しすぎる。どうかみんなも勇気を持って立ち上がってほしい」

(引用:春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金315万4000円

誹謗中傷に立ち向かった春名風花さん、素晴らしい勇気ある行動だったと思います。

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました