かかとケアは自宅でできる。おすすめのやすりやクリームを紹介


乾燥でかかとがガサガサ。ストッキングが伝線したり、素足でサンダルを履くのが恥ずかしかったり……そんな経験はありませんか。
スベスベなかかとになりたい!でも、かかとのケアってどうやるの?とお悩みの方もいらっしゃると思います。
実は、かかとケアは自宅で簡単にできちゃうんです。今回はおすすめのやすりやクリームをを紹介します。
これを機に、スベスベなかかとを目指しましょう。

スポンサードリンク

かかとケアにやすりを使うって本当?どうやってやるの?

かかとがガサガサになる原因の一つとして、古い角質が溜まっていることがあげられます。やすりを使うことで、角質を薄くすることができるのです。
かかとの角質用のやすりは、ドラッグストアなどで安く購入できます。なかでも、「目が細かい面」と「粗い面」が両方ついたものだと、丁寧にお手入れできます。

それでは、手順をお教えします。
(1)足湯または蒸しタオルで肌がふやけすぎない程度に、古い角質を柔らかくする
※入浴中など濡れた状態でのやすりは、角質を取りすぎてしまう可能性があります。
(2)水気をよく拭く
(3)他の部分を傷つけたり、こすりすぎたりしないよう、注意しながらやすりをかける
※やすりは清潔なものを使いましょう。
(4)保湿をする
※削ったあとは柔らかい皮膚が外側にきますので、必ず忘れないようにしましょう。
(5)乾燥や摩擦を防ぐため、靴下を履く
以上が、やすりを使ったケアの手順です。

スポンサードリンク

削りすぎないことと保湿をすることさえ押さえれば、誰でも簡単にできますよ。

かかとケアはクリームで。おすすめのクリームを紹介します

スベスベなかかとになるためには、保湿が欠かせません。そこでクリームの出番ですが、成分に注目してみましょう。一人一人、合うクリームが違うのです。
それでは、症状別におすすめを紹介します。

(1)乾燥が気になる方には油分配合のクリーム
かかとが乾燥する理由として、油分や水分が足りないことがあげられます。油分の多い天然由来のオイル・ワセリンやグリセリン・シアバターなどを配合したクリームであれば、潤いを閉じ込めることができるでしょう。

(2)ごわつきが気になる方には尿素配合のクリーム
尿素とは、天然の保湿成分です。硬くなった角質をはがして皮膚を柔らかくする効果があります。ただし、高濃度のものを使い続けることで薄くなりすぎる可能性があります。その場合、尿素の濃度が低いものや配合されていないものに変えていきましょう。

(3)乾燥+冷え性の方にはビタミン配合のクリーム
ビタミンには乾燥を防ぐ働きがあります。特に、ビタミンAやビタミンCに肌の調子を整える効果があります。また、ビタミンEには代謝を促して血行を良くする作用があるといわれています。冷え性の方にもぜひ選んでいただきたいです。

クリームはドラックストアや通販でも購入することができるので、自分の状態にあった配合のものを見つけてみてください。

まとめ

かかとケアで大切なことは、自分にあったものを使い、毎日ケアすることです。お風呂から上がったあと、顔を美容液などで保湿すると同様に、かかとの保湿をしてみてください。
さっそく今日から始めてみましょう。理想のスベスベなかかとはすぐそこですよ。

スポンサードリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました