気づきや発見、日常生活の役に立つ情報を共有するブログ

きっと他の誰かの役に立つ情報を、日々、地道に発信してます。

ホーム » 英語学習 » 英単語の覚え方 効率的な勉強法

英単語の覚え方 効率的な勉強法

目安時間約 8分


中高で受験勉強を通して英語を勉強してきた多くの日本人にとっては、英単語の学習が一番取り掛かりやすいのではないかと思います。学校の試験に向けて、一生懸命に暗記した思い出を持つ方も多いと思います。
しかし、社会人になった後は、日々の仕事で一日が終わってしまい、学生の時のようには机に向かう時間がなかなか取れないのも事実。
では、どうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

また、英単語学習と聞くと、「一日30単語覚える」とか、「1000単語覚える」とか機械的に単語を覚えていくという印象を受けるかもしれません。
一日に30単語覚えること自体は決して、できないことではないと思います。しかし、二日目、三日目と同じペースを続けられるのかというと、おそらくほとんどの人にとっては、無理ではないでしょうか?
しかし、実は、効率よく記憶するにはとても有効な方法があります。
今回は、英単語の覚え方について、書いていきます。

英単語の暗記が苦手な理由とは?

まず、人間は単純な文字列や記号を暗記することがとても苦手です。
そして、自分の印象に残らないことはすぐに忘れてしまいます。
つまり、例えば、今日英単語を50単語覚えたとしても、1週間後には10単語しか覚えていなかったり、さらにその1週間後には3単語しか覚えていなくて、3か月後には1単語も覚えていない、ということが頻繁にあります。
実際に、数年前に覚えていた英単語や、何かで調べた英語の熟語など、当時覚えたことでさえ忘れている方が多いと思います。
人間の記憶というものはそれだけ忘れやすいものなのです。
では、どのようにすれば英単語を永久的に覚えることができるのでしょうか?
以下の方法が非常に有効です。

英単語の暗記のコツは、継続的に何回も繰り返すこと!

まず前提として知っていただきたいことですが、繰り返し単語を覚えなおすということをせずに、ずっと意味を覚えておくということは不可能であるということです。
日本語で置き換えたらわかると思いますが、たまに、「こういう時どう表現するんだっけ?」と、日本語で話をしていても表現方法が浮かんでこないことがあると思います。
それは、継続的に何回も繰り返すというトレーニングをしていないから、出てこないのです。
では、継続的に何回も繰り返すということがどういうことかというと、英単語の意味が出てこなかった場合は、何回も覚えなおすということです。
そして、この何回も覚えなおすという行為を繰り返すことが人間は苦手です。
なぜ苦手かというと「飽きる」からです。
つまり
「継続的に何回も繰り返す」=「飽きる」=「辞める」
となります。
そして、これが英単語を覚えることができない最大の原因です。
ではどうすれば飽きずに覚え続けることができるのでしょうか?

英単語はアプリを使って効率的に覚える

英単語の学習で一般的なお勧めは、携帯にダウンロードできるアプリです。
ただしこれは、例えば通勤や通学の電車の中などなんとなくボーっとしてしまうような時間に使うと無駄がなく良いと思いますが、自宅で真剣にやるにはプラスの点とマイナスの点がるということも覚えておきましょう。
アプリだけで覚えようとすると、書くという作業をしないため、文章を書くときに実際にスペリングを間違えずに書けるかというと、そうでもありません。
アプリで単語テストなどをして満点を取れても、スペリングを間違えることが意外と多いのです。
ですから、アプリで英単語を覚える時には必ず「書く」作業をあとでやりましょう。
アプリは随時アップデートされたり、良いものが新しく出たりするのでインターネットで調べて自分に合ったものを探し、適宜使用するのが良いと思いますが、初心者の学生さんの皆さんが全てスマホを持っているとは限りません。
そこで、他の学習方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

英単語は文章の中で覚えること

英単語を覚える時には、名詞以外のものは意味がいくつかあり、文章によって日本語訳(意味)を選ばなければなりません。
ですから、本当は単語ごとに覚えるのではなく、文章中に出てくる語彙を増やしていき、知らないうちに知っている単語が増えていたという状況で覚えていくのが良いのです。
実は、英語は英語で学ぶという基本があります。
英英辞典の中で、シソーラス(Thesaurus)という辞書がありますが、この辞書は、一語を調べるとその言葉に似通った単語を調べることができ、また例文も書いてあるという優れものです。
またActivatorという辞書も似たような使い方ができます。
どちらもアマゾン等で購入可能です。
このような語彙辞典を使いながら、本をどんどん読んでいくことで語彙は増えていきます。
本が長すぎてなかなか読めないという人には、ニュースのコラムなど短文を読むことをお勧めします。
それから、英単語の中でPrefix, suffixの法則を覚えておくと、更に語彙が増えます。
こちらがその参考サイトになります。

また、ブリティッシュカウンシルの公式サイトにも語彙を覚えるサイトがあります。

このように、英単語を覚えるためのサイトはたくさんありますので、自分のレベルに会ったサイトを探してどんどん活用していきましょう。

英単語の暗記方法、これがベスト

それはチャットです。
「会話」や「メール」などと違い「チャット」というのは、変にかしこまったりせずに、簡単に文章を送ることができます。
また、簡単な文法での文章を送ればいいので、相手に伝える際に一番重要なポイントが「単語の意味」になります。
そうすると、文法の意味を考えるより、単語の意味を考える比率の方が高くなり、結果としてより多くの単語を覚えることができます。
また、人間にとって、一番自分の記憶に残りやすい方法は、感情で記憶することです。
簡単な例ですが、例えば嫌な記憶とはとても記憶に残りやすくずっと覚えていたりします。
それは感情で記憶したからです。これを英単語の学習に応用すると、チャットをしながら英単語を覚えることです。これにより、感情と英単語を結びつけることができ記憶から忘れにくくなります。
実際に自分が覚えている通常では覚えないような英単語を覚えているのは、自分がその単語を感情で記憶しているからです。
このような感情と記憶を結びつける作業が記憶を定着させるのには非常に有効です。
このことを意識して考えれば、例えば、イラストと一緒に英単語を覚えるとか、より自分の感情が動くように記憶することが一番の近道であると考えることが出来ます。
感情と記憶を結び付けましょう。

英単語も漢字も覚え方は似ている

漢字を覚える時にも、一文字一文字だけ覚えるのでは語彙は増えません。
二つを組み合わせた熟語を覚え、また言い回しや文章の中での表現によって漢字の読み方も変わり、それを読むことによって語彙は増えていきますね。
英語も同じで、単語一つ一つだけを覚えて、いくつかある意味を無理やり覚えても実際に使うときに混乱してしまいます。
フレーズで覚えていく、文章の中にある単語を自然に覚えていくために読み書きをするということは大切なことです。
文章中にわからない単語に遭遇したとき、それがチャンスです。
知らない単語を抜かして文章を読んでどこまで推測できるか?そして、実際に辞書で知らない単語を調べた後と推測したものではどれだけ違うか?というのを比較するのも楽しいですよ。
是非楽しみながらどんどん語彙を増やしていきましょう。

スポンサードリンク

  -   - 英語学習  - 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
 
error: Content is protected !!